結論を出すことを求めなくても得られるものがある(No.2197)

こんにちは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「話すと何かが生まれる」

「まずは話してみよう」

という考えで動くことが

ますます多くなってきました。

話をすると

必ず何かが得られます。

 

 

しっかりとした結論を

出すことを目指さなくても

相手に何かを理解してもらうという

目的はとくになくても

相手の話を聴き

相手の考えを共有するだけで

意味があると思っています。

相手の考え

達成したい目標などを

情報として、自分の中にインプットしておくと

アンテナが立ち

必要な情報を得ることができたり

アイデアが浮かんできたり

行動を起こすことができたりします。

 

 

だから、あえて

自分の中に何らかの答えを持つことなく

相手から情報を得るというスタイルで

話を聴けば

それだけ得られるものも多くなります。

空っぽのバケツであれば

たくさんの水を入れられます。

そんなイメージです。

 

 

先日も

会社の上層部の方と

そんな意識でお話をする機会を

いただきました。

とにかく

聴かせていただこうという気持ちで。

そこで、対話の醍醐味を味わいました。

 

 

私が、自分の中だけであたためていたアイデアを

なぜか話したくなり、話してみました。

すると、相手の方が

そのアイデアを発展させてくださいました。

広げて、深めてくださったのです。

相乗効果を発揮しているという感覚があり

とても嬉しい時間となりました。

対話は創造ですね。

 

 

価値ある対話にするためには

いくつか要因があると思います。

 

 

今回の場合は

自分が、ふと

アイデアを話してみようと思える

雰囲気だったこと。

相手の方も新たに生まれた考えを

話そうと思ってくださったこと。

そもそも

よりよい方向にいくために

効果的な取り組みを進めていきたいという

想いが共通であったこと。

まわりの方のご理解も含めて

対話ができる環境だったこと。

などが挙げられると思うのです。

 

 

前進するために

結果を出すために

対話という方法を

うまく活用していきたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ