納得感を得るために(No.1650)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
毎日読むことを日課にし始めた本を
 
読みました。
 
毎日、心に響くところが違います。
 
「こんなこと、書いてあったっけ?」
 
と思う部分があります。
 
何度か読んだけれど
 
その時は印象に残らず
 
今日の私には響く部分なのだと思います。
 
 
 
さっき、読んでいて
 
最近私が感じていたことが
 
確信に変わりました。
 
 
 
最近感じていたことというのは
 
「人が納得する過程を応援したい」
 
ということです。
 
 
 
まわりから
 
「できている、がんばっている」
 
と思われることであっても
 
本人にとっては
 
「まだまだ」
 
「もっともっと」
 
「わかっていない」
 
「見えていない」
 
と感じている場合があります。
 
本人にとっては、得たいものが得られていない状態
 
なのです。
 
 
 
そんなとき、
 
「できている部分」
 
「素晴らしい部分」
 
を言葉で伝えることは大事です。
 
大事なのですが
 
伝えても本人が納得しない場合は
 
それ以上言ってもそれは「説得」になってしまい
 
意味がないのだとわかりました。
 
 
 
本人にしかわからない内面的なものが
 
あると思います。
 
また、本人もわかっていないことが
 
あると思います。
 
そもそも言葉にすることからが
 
すでに挑戦である場合もあると思います。
 
 
 
他人だからこそ
 
お手伝いができることがあります。
 
まずは
 
本人が安心して言葉にできる空気を作ること。
 
そして、言葉にしにくことを
 
言葉にしていくために
 
考えると有効なことを考えられる環境を
 
用意すること。
 
なるべく、本人が自分の言葉で
 
たくさん話せるようにすること。
 
本人の納得感を確認する意味で
 
表情の変化を見逃さないこと。
 
きっと、考えればできるサポートは
 
たくさんあると思うのです。
 
 
 
ゴールは
 
本人が納得することで
 
よりダイナミックに行動できる状態。
 
企業でのご支援であれば
 
その行動が
 
組織としての成果につながることを目指します。
 
 
 
そう考えると
 
組織として目標を達成し
 
成果を上げていくためには
 
その一員であるひとりひとりが
 
納得して動くことが大事になりますね。
 
 
 
ひとりひとりの今の状態を認めることから
 
スタートして
 
本当のモチベーション
 
成果につながる行動を引き出すために
 
本人の話を聴く。
 
そのステップは外せないと思っています。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ