社長の渾身の土台づくり(No.2083)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ある社長の挑戦から

改めて実感したことを

尊敬の気持ちを込めて

書いてみたいと思います。

 

 

■目指すものを共有することの大切さ

 

社長が目指されたい理想の状態について

なかなか理解してもらない・・・

と感じることも

あるかもしれませんね。

 

 

ある社長は理想の状態を

何度も言語化され

考え続け

わかりやすい表現を磨いていかれました。

 

 

そして、それを伝えるときも

いろいろな伝え方をされました。

・口頭で伝える

・文字にして伝える

・面談をして、社員さんにどう伝わったかを

確認し、改めて伝える

 

というふうに

丁寧に伝えることに取り組まれました。

 

 

そのプロセスの中で

一対一の濃い対話が行われ

理解が深まり

理想を実現するためにどうしていくか

ということを考える時間になっていきました。

 

 

やはり伝わるまで伝え続けることが

大切だと感じました。

 

 

■気づきや理解は少しずつ

 

ある方が

「社長が言われていたことが

やっとわかった」

とおっしゃっていました。

 

 

話を何度も聞いていても

一度では理解できず

ある時、頭の中でつながるということが

ありますね。

だから一度伝えたから大丈夫なのではなく

大切なことは何度も何度も

くり返し伝えることが大切なのだと感じます。

 

 

一度で伝わらないと

残念な気持ちになることもあるかもしれませんが

一度で伝われなかったら

何度も工夫して伝えようと思うと

気持ちもらくかもしれませんね。

 

 

■双方向で話す場をつくることの大切さ

 

「聞いただけ」よりも

話をしながら

「自分も言葉にする」

ということが効果的ですね。

 

 

一歩通行の話では

理解されたかどうかを確認することができません。

双方向であれば

伝わったか伝わっていないかがわかります。

伝わっていなければ

「伝わっていないという事実」を

そのまま受け止めるだけですね。

そこからより深い対話に発展すれば

結局は深い相互理解につながります。

だから、率直な話をすることが大事で

率直に本音を言える場、空気をつくることが

大事になってきますね。

 

 

そのプロセスの中で

大切なことが共有され

浸透して

会社の空気、社風となっていくのだと思います。

 

 

————–

社員さんとともに

大きな理想を実現するために

渾身の土台づくりに着手された社長を

心から尊敬します。

精一杯お手伝いさせていただきます。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
1月16日(火)19:00~21:00
2月6日(火)19:00~21:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ