相手の可能性を信じ切れる自分かどうか(No.1580)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
今、私の仕事は
 
人と対話をすることからスタートしています。
 
企業様の中で
 
社長、社員の皆さんと
 
じっくり対話をして
 
理想に向かってできることに挑戦していく
 
スタイルです。
 
大きなやりがいを感じて仕事をして
 
日々、充実感を感じられることに
 
感謝しています。
 
 
 
そんな毎日は
 
コーチングとの出会いがあったからだと
 
思っています。
 
そもそも、自分自身が職場の人間関係に悩み
 
人間関係に悩みやすい自分に悩み
 
解決していきたいと思って学んだのが
 
コーチングです。
 
それが今では
 
お客様のお役にたつため
 
なくてはならないものとなっています。
 
 
 
昨日、コーチ仲間から訊かれたことで
 
気づいたことがあります。
 
より自覚を強くできました。
 
何かというと
 
普段自分が人との対話に臨むときに
 
大切にしていることです。
 
それは
 
「相手の可能性を信じる」ということです。
 
自分が信じているかどうかは
 
どんなに隠そうとしても
 
全て相手に伝わるものだと思っています。
 
「この人は成長できる人だ。
 
乗り越えられる人だ。」と
 
心から思っているのか?
 
言葉では「できますよ!」と言っていても
 
心の中では信じ切れていないのか?
 
信じ切れていない自分であれば
 
良いサポートはできません。
 
信じ切れていないのであれば
 
信じ切れる自分になることがまず先です。
 
信じ切れている自分であれば
 
何も恐れるものはありません。
 
 
 
お客様のサポートにあたっては
 
様々な手法があると思うのですが
 
どんなサポートであれ
 
まず必要なことは
 
「自分自身がお客様の可能性を信じること」
 
これに尽きると実感しています。
 
 
 
大好きなコーチ仲間からの問いかけが
 
大事にしたいことを確認させてくれました。
 
自分が信じることを
 
自分に嘘なく貫きたい
 
改めて思いました。
 
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ