理想のマインドを決めて近づける(No.1886)

おはようございます!

将来にわたって業績向上し続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

単なる会話ではなく

一方通行の話ではなく

本気の対話ができれば

得られるものがあります。

 

 

心と心が響き合う

心が動く

やる気が満ちる

新たな見方、考え方ができる

行動に変化が起きる

そんな対話ができたらいいですね。

 

 

新たなものを生み出せる対話をするために

大切なことを昨日、一昨日と

書いてみました。

・自分が理解してもらいたかったら

まず相手を理解することに努める

・自分の問題点といった耳の痛いことを言われても

成長できるきっかけと捉え、感謝できるマインドを

お互いがもつ

 

そのような姿勢であれば

本当に必要な対話ができると考えています。

 

 

そして、もうひとつ大切なことがあると考えています。

それは、自分が相手のことをどう見ているかということです。

 

 

こちらが相手を

見下していたり

信用していなかったり

相手より優位に立ちたいと思っていたり

相手のことを否定的に見ていたとしたら

相手は心を開き

本音を話そうと思うでしょうか?

人間には感じる力があり

相手が自分のことをどう思っているか

どう捉えているかは

不思議とすべて伝わっているものです。

 

 

それでも

対話の必要性を感じ

理想の状態を描き

新たなものを生み出す対話を決意している相手であれば

こちらの内側の状態に関わらず

素晴らしい対話ができるかもしれません。

相手のおかげで、こちらの内側の状態を

変化させてもらえるかもしれません。

ただ、それでは相手に依存していますね。

 

 

主体的に生きるならば

対話に臨むマインドも

自分が決めて

自分の理想に近づけたいものです。

 

 

どのようなマインドであれば

新たなものが生み出せる対話を

実現することができるでしょうか?

 

 

私が考えていること

実践していることについて

また続きを書きたいと思います。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ