現状をぐぐっと変える推進力(No.2202)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「なかなかできない」

「できていない自分だ・・・」

と思ったときに

強がったり

できない言い訳を正当化することは

やりたくてやっていることではないはず。

強がったり、正当化したりする自分のことを

受け入れたくない自分も

いるのではないでしょうか?

 

 

だとしたら

前進していくステップとしては・・・

今、強がっている

正当化している

ということを認めることから

ではないでしょうか。

自分で認めることができたら

人にも話すことができます。

 

 

「なかなかできない現状があるんです」

「頭ではわかってるんだけど

できない自分に腹が立ちます」

「ついつい誰かのせいにして

正当化してしまうんだけど

本当の課題は見えてます。」

というように

心にあることを出せるということは

すでにひとつハードルをクリアしているのです。

自分で自分を客観的に見て

現状を受け止めて

言葉に出しているのです。

それができるのは

前進していきたい

よりよい方向にいきたいという

前向きな気持ちがあるからに

他なりません。

 

 

そんな本音が言えることを

大事にしたいものです。

頭だけで

表面的な言葉だけで

コミュニケーションをとっていても

大きな変化

改善にはつながりにくいと思うのです。

 

 

現状をぐぐっと変えていく

推進力となる対話には

本音が不可欠ですね。

本音を出せるところからスタートです。

 

 

本音というと

超ネガティブなこととか

激しい反論とか

とても大きな事をイメージされる方も

いらっしゃるかもしれませんが

ちょっとしたことも本音です!

ふと思ったこと

日頃なんとなく違和感を持っていること

今感じていることなど。

言ってみることによって

みんなで考えるきっかけになり

大きく進んでいくことがありますね。

 

 

本音を言いやすい空気づくりは

大発展のための

ベースになると感じます。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ