深く上質な関わりが仕事も人生も変える(No.2268)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ある若手リーダーが

言われた言葉が

忘れられません。

 

 

自分はとにかく成長したい。

ゴールとか

目標とかいうと

明確じゃないかもしれないけど

とにかく成長したい。

自分のまわりの人と

一緒に成長したい。

自分だけでは成長できない。

自分が成長するためには

どうしても仲間の存在が必要。

今一緒に働いている人達というのは

縁があって、一緒にいる。

大切な存在だ。

ということをおっしゃったのです。

 

 

その言葉をお聴きしたときのこと

忘れられません。

すごく重みのある言葉で

揺さぶられました。

 

 

こういうお考えをお持ちだということは

じっくりお話する機会がなければ

わからなかったことです。

話が深まっていかなければ

出していただけなかったことかもしれません。

表面的な話をしているだけでは

相手のことを

理解できないのだと感じます。

 

 

お互いに本当に理解し合うには

表面的な話で終わらずに

相手のいうことを

受け止めながら

話を深めて

その奥にある

価値観

目指したいものを

聴き合いたいものです。

 

 

私自身も今

深い対話を体感するチャンスに

恵まれています。

どこまで深められるのか?

どこまで対話の価値を高められるのか?

ということにチャレンジする場を

いただいているのです。

 

 

そこでは

先程の若手リーダーがおっしゃっていたことを

実感しています。

自分に成長には

仲間の存在が必要であり

仲間に貢献しようとすることが

結局、自分に成長につながるということを

実感しているのです。

 

 

人との対話を通して

話を深めていくことは

なぜいいのか?

 

 

課題の本質が見えてきます。

自分が心から目指したいと思える

目標が見えてきます。

人とのつながりを感じることができ

それは行動するための

勇気に変わります。

 

 

という

いいことはいろいろありますが

もっともっとシンプルに言うと

対話が深まり

自分の本音を言えて

相手の本音が聴けること。

そして相手との一体感が高まることというのは

人間であれば喜びを感じることなのだと

思うのです。

理屈はどうでもいいとして

人との深い関わりを求めるのは

人間の本能であり

素直に嬉しいことなのではないかと

思うのです。

 

 

人との深く上質な関わりは

仕事で言えば

充実感、やりがいに通じるものであり

人生そのものでいえば

豊かさをくれ

奥行きを広げてくれるものだと思えて

なりません。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ