業績向上と対話のつながり(No.2259)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「何か意見はないですか?」

「・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・」

 

 

「質問ありますか?」

「・・・・・・・・・・・・・」

「・・・・・・・・・・・・・」

 

 

と言うような場を

経験されている方は

少なからずいらっしゃると思います。

いえ、少なくはないかもしれませんね。

 

 

「意見は?」

「質問ある?」

と言われて

「・・・・・・・・・・・・・・・」

となる時間は

意見がないのではなく

質問がまったくないのでもなく・・・

言わないという選択をしている。

もしくは

言えない状況。

なのかもしれませんね。

それはとてももったいないと感じます。

意見を言うことによって

組織の改善のきっかけがつかめるかもしれません。

他の誰かの気づき

モチベーションアップに

つながる情報かもしれません。

見落としていた

または

見ないようにしていた

本質的な課題に辿り着けるかもしれません。

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

だと

得られる情報はゼロなので・・・

とても残念です。

ただ

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

となってしまうという事実から

気づけることも

あるかもしれませんね。

 

 

17名の皆さんが

互いに思っていることを出し合い

聴き合い

感じたことを伝え合い

刺激を与え合い

さらに気づき合い

深め合う

素晴らしい対話の場に

同席させていただくことができました。

 

 

心から出て

そのまま口を通って

出てきたような言葉は

人の心にすっと入って

奥に届けられるのですね。

 

 

「自分がさっきの意見を言ったときは

心を開いた瞬間だったように思う。」

 

「今、さらにもやもやが増した。」

 

「今の自分はどう見えているのか?」

 

「この場でこんな話ができている。」

 

「こんな話ができているのは

なぜか?」

 

 

「会社において

対話が必要な理由が自分の中で

腑に落ちた。」

 

 

人は話し合う中で

深めて

明確にしていくのですね。

 

 

対話力の向上のためには

満足度の高い対話の場を

経験するに限ると思っています。

これは知識をインプットしたからと言って

出来る性質のものではないと思うからです。

 

 

こんなことが言えた。

こんなことに気づけた。

人と話して得られる価値は

なんて大きいのだろう・・・

そんな実感があれば

対話力向上のために必要なことが

得られたも同然です。

なぜできたのか?

を考える中に

ヒントがあるからです。

 

 

もっと言えば

考えなくてもいいのかもしれません。

深く、満足度の高い対話を経験した人のまわりでは

自然と深い対話が始まってしまうのかもしれません。

 

 

コミュニケーションの知識は学んだ。

でも、実際の場で思ったようにはいかない。

そんな場合は

体験することが一番だと思っています。

 

 

将来にわたって

業績向上し続けるため

課題を乗り越え続けていくために

「必要な話」ができること。

そんな土台づくりの第一歩は

経験すること

体感することなのかもしれませんね。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ