本音のミーティングをしたい!(No.1945)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

企業様の業績向上をお手伝いする中で

個別にお話することや

ミーティングをお手伝いすることがあります。

そんなときに、最近、よく問いかけることがあります。

それは

「今、だれとどんな対話をしたいですか?」

という問いかけです。

 

 

忙しい毎日の中で

じっくり人と話す時間をとることは

大変なことかもしれません。

どうしても

「そんな時間、あるわけない」

「今、めちゃめちゃ忙しいし・・・」

と思いがちかもしれません。

たしかに。

忙しいときには、対話なんてしている暇はなく

対話をするということすら

想像できないかもしれません。

 

 

なので、そこは

「もし、仮に、時間的に余裕があるとしたら」

という前提で考えていただきます。

時間はたっぷりあって

どれだけでも対話することに時間を使えるとしたら

だれとどんな対話をしたいか?

どんな対話が必要か?

とイメージしていただくのです。

 

 

というのも

話をすれば解決するのでは?

よい方向に向かうのでは?

と思うことが多いからです。

 

 

 

自分に期待されているのはどんなことなのか知りたい。

自分はどう評価されているのか知りたい。

相手に理解してほしいことがある。

一人では抱えきれない仕事を

だれかに手伝ってほしい。

今、方向性が見えないから、もう少し考える材料がほしい。

将来を考えたら、今着手すべきことがある。

本当はもっといいやり方があると思っている。

〇〇さんにはこういう仕事の進め方をしてほしい。

一人では答えが見えないので、他の人の考えも聴いてみたい。

 

 

など、いろいろなお話をお聴きするのですが

「それ、そのまま話し合ってみれば前進できそうじゃないですか?」

と思うことが多いのです。

 

 

そして、実際

「変化の陰に対話あり」

です。

状況がよい方向にがらっと変わっていると感じたとき

何があったのか尋ねてみると

「○○さんとじっくり話をした。」と言われることがあります。

また、以前は「人から言われたこと」としてお話されていたことを

自分が腑に落ちたこととして

自分の言葉でお話されているときも

やはり、なんらかの対話が

大きく影響していると感じることがあります。

 

 

まずは、話す必要がある人と

話をすることで

解決できることがたくさんあるのです。

もし時間があったら対話したい

対話するべきだと思っていることがあるのであれば

何とか対話のための時間をつくれば

解決に近づくということですね!

 

 

あるリーダーさんがいらっしゃいます。

自分が考えていることを

言葉にするのが得意な方です。

自分は本当はどうしたいのか?

何を求めているのか?

ということから目をそらさず

自分の願望にふたをすることなく

それを素直に言葉にできるのは素晴らしい能力だと感じています。

そういうところ、尊敬しています。

リーダーさんは、素直に話される中で

心の奥にある願望に気づかれました。

本当に欲しているものは

やりとげた!

貢献できた!

と思える仕事をすることでした。

素敵ですね。

熱い想いがあるからこその

もやもやだったのかもしれません。

それがわかるとスッキリしますね!

 

 

そんな素敵なリーダーさんが今やりたいと思っていることは

「上司との本音の対話」です。

名付けて

「本音で語ろうミーティング」

です。

きっと良い時間になるでしょう。

本音で話してみることから

新たな発見があるかもしれません。

より気持ちを合わせて取り組むことができそうです。

新たなスタートとなる

「本音で語ろうミーティング」を

心から応援しています。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ