文字にする(No.1639)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
文字にしておくことは
 
大切なことですね。
 
思ったこと
 
考えたことは
 
その時ははっきりしていても
 
時間が経つと忘れてしまったり
 
ぼんやりしたりしてしまいます。
 
文字というのはありがたいもので
 
思ったこと考えたことを
 
ちゃんと記録してくれるのです。
 
 
 
昨日は社長との打ち合わせの前に
 
これまで社長がお話してくださったことを
 
記録していたものを
 
読み返しました。
 
記録していた文字を見ていると
 
大切なことを思い出すことができます。
 
社長の根本的な考え方を確認できます。
 
いつも一貫している、ぶれない考え方を確認できます。
 
だから文字にしておくことが大事なんですね。
 
 
 
であれば
 
目指したい状態も
 
しっかりと文字にしておきたいものです。
 
文字にできるということは
 
明確になっているということ。
 
仮にでもいいから文字にしておけば
 
違和感を感じたときには修正するだけですね。
 
 
 
昨日も社長との打ち合わせでは
 
たくさんの文字を使いました。
 
目指す状態を文字にしました。
 
あとは進むだけです。
 
気合いが入っています!
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ