手法レベルで行き詰まるとき(No.2356)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

果敢に自分と向き合うリーダーさん達を

応援しています。

 

 

自分と向き合うというのは

そんなに簡単ではなく

スルーしたい気持ちも

あるかもしれません。

でも、本気の人

必ず結果を出すのだと決めている人は

避けて通らずに

向き合われるのだと思います。

 

 

いろいろと手法レベルで工夫しているけど

思ったような成果が出ない。

この手法でもだめか・・・

次はどの手法を試そうか・・・

という流れになっているとしたら

その前に一度確認したいのが

自分の内側です。

自分はどんな心で

相手に向き合っているのかということを

自分に問いたいです。

 

 

「この人は成長しないんじゃないか?」

「無理なんじゃないか?」

「理解し合えるわけがない」

「できるわけがない」

と、心のどこかで思っていたら

それは必ず相手に伝わります。

 

 

自分は今どんな心でいるか?

どんな心であれば

相手と理解し合えるのか?

どんな心であれば

相手が心を開いてくれて

相手の内側に変化が起きるのか?

そう考える時点でもう

自分の内側と向き合っていますね。

 

 

向き合いながら

本当の自分の心に出会うのだと思います。

本来のものに辿り着くのです。

 

 

自分はこの人の素晴らしいところを知っている。

一緒にがんばってきた歴史がある。

本当は成長を信じている自分がいる。

心の深いところでつながることを

願っている。

本当はそう思っている。

 

 

本来の心に戻ることができれば

良い方向に動き出しますね。

手法レベルでは太刀打ちできなくても

本来の心に戻れたら素晴らしい変化を起こしていけます。

 

 

どのリーダーさんも

自分と向き合い

自分の本来の心に戻ることに

挑戦されていると感じます。

様々な対話を通して

挑戦されているのです。

仲間と対話する。

上司と対話する。

部下と対話する。

相談してみる。

話しながら

自分の内側を変革されていく姿勢には

感動します。

すごいなあと思うのです。

 

 

そんなプロセスを共有させていただき

感謝です。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ