必要な時に必要な対話ができる状態をつくる(No.1895)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

私の仕事な何か?

やりたいことは何か?

ということを

とくに今年に入ってから、じっくり考えてきました。

そして明確になってきたのが

「土台づくり」なのです。

私自身が「土台づくり」をどう考えているかというと

「必要な時に、必要な対話ができる状態をつくること」

です。

 

 

そのことが明確になってから

お客様とのお話の中で

土台づくりについて話し合うことが多くなりました。

 

 

昨日は対話の醍醐味を感じまくった一日でした。

 

 

「そのことについて、今、ここで話そう!」

と、対話のきっかけがうまれ

短時間のうちにあることが決まり

すぐに動かれる社員さんの姿を

拝見することができました。

普段から

「○○について話してみたい」

「意見をきいてみたい」

「教えてほしいことがある」

と思っていても

日々忙しく仕事をしている中で

相手の手を止めることに躊躇する気持ちもあるんですよね。

でも、少しの時間と場さえあれば

話し始めることができます。

話し始めることができれば

ちょこちょこその話題に触れることができます。

話し始めることができれば

進んでいきますね!

 

 

あるリーダーさんが

自分の部署の将来を思い

自分にできること

仲間と一緒にやりたいと思っていたことを

お話してくださいました。

そんなリーダーさんの想いが

対話のきっかけをつくられたのです。

 

 

そして、リーダーさんの率直な想いを

聴いてみたいと思われた

社長の想いが

対話のきっかけをつくられたのです。

 

 

対話の場は

よりよくなることを願う想いから生まれ

信頼関係をさらに強くするのですね。

そして、大きく前進していくのですね。

 

 

対話することをきっかけに

課題を解決したり

関係を築いたりできることの醍醐味を

感じられるのは

幸せなことだと感じています。

そんな対話が増えることを

お手伝いしたいです。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ