心の鎧を脱ぐ(No.2417)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

課題を乗り越えていく。

そのためにお互いの考えを

理解し合う。

そのための第一歩は

「話を聴いてみる」

ということだと思います。

そして

「自らが心の鎧を脱いで

率直に話す」

ということだと思います。

その逆と言えば・・・

相手の話は聴かずに

一方的に自分の話をする。

ということですね(笑)

 

 

普段、ミーティングのお手伝いを

させていただくことが多いです。

ミーティングと言っても

単に、連絡事項を伝える目的のものとは

違って

人の心が動き

行動が生まれ

いつしか素晴らしい結果となっていた

と言える未来のための

その第一歩のミーティングという

イメージです。

 

 

そのような場では

心の鎧を脱ぐ人の存在が

とても大切です。

誰かが鎧を脱ぐと

脱ぐ人が続きます。

それがたとえ、言葉には表れなかったとしても

誰かの内側に変化が起きている

ということもあるのです。

脱ぎ始めようかな・・・

脱いでみてもいいかな・・・

そんな心の変化は

とても大きな変化なのです。

 

 

そのような

人間と人間の心が響き合い

より望む未来に近づく始まりの場を

お手伝いさせていただくものとして

さらにレベルアップしていきたいです。

 

 

人の小さな表情の変化を

感じ取る。

何か言おうとして小さく動く

唇の動きから最大限に感じ取る。

口を固く結んでいるときの

その人の気持ちを汲み取る。

そんな人間として

もっと成長したいと思います。

もっともっと

高めていく必要性を感じます。

 

 

ミーティングで

社長が率直な想いを語られました。

どんな想いで会社を守っているか

日々、どんな気持ちでいらっしゃるか。

社員さんにとっては

初めてお聴きした内容だったと思います。

「自分達に

そこまで話してくださるのか・・・」

というお気持ちで

受け取っていらっしゃったのではないかと思います。

まさに、自ら心の鎧を脱いで

心を開いて話されるトップの方の姿から

多くのことを感じ取られたと思うのです。

 

 

心の内側を見せながら

信頼関係は築かれるのだと思います。

自らその先頭に立たれるトップの方の姿から

熱く、強い想いを感じました。

人の心に響いたものが

人の心を変え

より豊かになり

他の人の心へも

広がっていくのだと思います。

 

 

とても地道な取り組みかもしれません。

でも一人の人間の力をどんどん発揮させる

安定感のある取り組みではないかと

思っています。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ