影響し合うコミュニケーション(No.2215)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

どんなときも

精神的にいい状態で

いつも前向きで

まわりがどうであろうと

「人を変えるのではなく

自分が変わろう!」

と思うことができて

年齢や立場などに遠慮することなく

言うべきことが言えて

自らまわりに働きかけて

プラスの影響を広げていけたら

素晴らしいですよね。

いつもそうであれば

苦労せずに何でもできるかもしれません。

 

 

ところが生身の人間には

いろんな時があります。

 

 

自信をなくしているとき

少し元気が少なめのとき

疲れているとき

失敗して落ち込んでいるとき

などなど。

 

 

そんな時

「自信を持って!」

「元気を出して!」

「大丈夫だよ!がんばろう!」

と言われて

いい方向にいくこともあるかもしれませんが

人に言われたからと言って

そうなるとも限りませんね。

 

 

他の方法として

例えば

じっくりと自分の話を聴いてもらったり

自分と同じように奮闘している人の

話を聴くことで

いい影響を受けることができます。

 

 

「なかなかできない」

「全然できていない」

なんて思ってしまうときは

できていないところ「だけ」を見て

勝手に

「できていない」と

間違った判断をしてしまっていることもありますね。

「できていること」は

「できていないこと」よりも

目立たないかもしれませんが

ちゃんとあります。

しっかりあります。

 

 

少しでも「できていること」

少しでも「進んだこと」

を認識することは

力強く前進していく

エネルギーになるのです。

そんなエネルギーチャージができる場を

つくることで

さらに元気に挑戦していけますね。

 

 

新入社員の方は入社して

2か月が過ぎようとしています。

久しぶりに同期が集まる研修の場で

お互いに

できるようになったこと

成長したことを報告し合い

みんな挑戦しているのだと確認し

それぞれの課題を共有されていました。

そんな時間は

心を元気にしてくれますね。

また次に顔を合わせる日を励みに

それぞれの部署で

挑戦されることでしょう。

 

 

人はお互いを大事にする

コミュニケーションをとることで

お互いにいい影響を与え合う力を

持っているのですね。

若い社員さんの姿から

気づかされます。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ