対話はとことん(No.1875)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

話をしないことには

始まりませんね。

腹を割って

とことん話すということが

本当に大事なのだと思います。

 

 

とてもいい関係を築けていても

些細な違和感や誤解が生じることが

あるかもしれません。

そうしたものにちゃんと向き合わずに

放置していると

スムーズな日々の活動を邪魔することになる・・・

ということもあるかもしれませんね。

 

 

そんな時こそ

しっかり時間をとって

話をしてみることが大事です。

お互いの話を聴きあい

理解することが大事です。

 

 

実際に違和感があり

誤解も生じているのであれば

お互い話しながら

すぐに弁解したり、批判したりせずに

まずは相手の話を聴いてみることが大事ですね。

相手が実際に感じていることが、「事実」です。

それは否定しようのない「事実」です。

 

 

また、誤解されていることがあるとしたら

知られることのなかった「事実」があります。

 

 

そんな「事実」をしっかり受け取り合うだけで

良い方向に進み始めますね。

 

 

そして、対話に必要なのは

ゴールです。

どんな状態を目指して

今、話をしているのかがとても大事ですね。

どんな状態になるために

どんな関係であるために

今、本音で話し合う必要があるのかが明確であれば

価値ある対話になりますね。

 

 

先日、ある対話の中で

ある方が突破口となる発言をされました。

それが

「ゴールは何だろうね?」

というものでした。

ゴールを明確にし

お互い共有することで

対話が深まり

それぞれが自分との深い対話をして

自分と向き合うことができ

今後、どうするかという具体的な行動まで

決めることができました。

 

 

価値ある対話を振り返ると

ゴールを共有したこと

それぞれが自分とちゃんと向き合ったことが

流れを変えたのです。

 

 

対話には時間が必要です。

時には何度も対話をすることにもあるでしょう。

そして、対話の途中で

それぞれが自分に目を向けて

自分と向き合うことが必要です。

相手の中に問題を見つけようとしたり

相手への要求ばかりが大きいときは

もっともっと話し合いが必要であるという

サインかもしれませんね。

「自分はどういう捉え方をする癖があるのか?」

「自分が乗り越える必要があるのは

どんなことか?」

と、自分に目を向けてはじめて

価値ある対話となるのです。

 

 

本気の、深い対話の後は

より強い信頼関係が生まれます。

明るい気持ちでこれからの決意ができ

抜群のチームワークで

前進していけるのです。

 

 

恐れずに逃げずに対話をすること

本音を伝え合うことが

本当に大事ですね。

でも、その時は・・・

「言い方注意!」です(笑)

当然ですね(笑)

相手の気持ちを考えて

相手に届く言い方をする

「愛」が必要です!

そんな素敵な対話が

たくさんできたらいいですね。

 

 

対話による土台づくりを

応援したいです!

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ