対話することを邪魔するハードル(No.2006)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

人は「こうしたらいい」というアイデアを

ちゃんと持っているものですね。

どうしたらいいかが

本当にわからなくて

専門家に教えてもらいたいと思うことも

時にはあるかもしれませんが

多くの場合

ご本人の中に

「こうしたらいい」という答えが

すでにあるように感じます。

 

 

けれども

なかなか進んでいかないとしたら

いくつかのハードルに対応すればいいだけなのだと

思っています。

 

 

そのハードルとは何でしょう?

いくつか挙げてみたいと思います。

 

 

まずは

「こうしたらいい」というアイデアを

人に話すということが進まない。

日々、多忙な中で

人に話す場、時間をつくることは

とてもエネルギーがいりますね。

緊急のことならともかく

将来を見据えて手を打つというような内容を

話し合う機会がつくれない。

 

 

そして、「理解し合えるかどうかという不安」も

ハードルの1つではないでしょうか?

忙しい毎日の中で

じっくり話すことがなかなかできない。

落ち着いて対話をすることができない。

急いで結論を出そうとする。

そうするとお互いの言いたいことが理解されずに

表面だけを聞いて判断しようとする。

表面しか聞いていないので

その判断はすでにずれている。

そんな話し合いの経験を重ねると、話すことに自信がなくなる。

「もう言わない」と決める。

という流れになっていると

話し合えばいいとわかっていても

話をすることに大きなハードルを感じてしまいますね。

 

 

また、自分の考えを話したときに

「ちゃんと理解された」と感じる前に否定されたり

ずれたアドバイスをもらってしまうことが多くなると

それでも必要なことだから話をしようという気持ちを

消してしまうかもしれませんね。

 

 

必要なときに

必要な話をする上で

いろいろなハードルがあるかもしれませんが

そのハードルを低くする

なくしていく

そんなお手伝いができたらと思っています。

 

 

あるかっこいい管理職の方が

まずは部下である方々と話をしてみると言われました。

私は、そのお言葉が嬉しかったです。

きっと、その対話から

また動き出すように感じたからです。

 

 

人の可能性を信じて

人が相乗効果を発揮する対話の場を

お手伝いしたいです。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
11月2日(木)14:00~16:00
12月5日(火)10:00~12:00
※両日とも同じ内容です。
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ