壁を乗り越える対話(No.1903)

おはようございます!

将来にわたって業績向上し続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

今日と明日の2日間は

とやま中小企業人材育成カレッジで

講師を務めさせていただきます。

http://www.shokoren-toyama.or.jp/~college/

「自分とチームを成長させる対話力」

という講座を担当させていただきます。

 

 

富山県、富山県商工会連合会のご担当者の方と

初めて打ち合わせをさせていただいたのは

去年の12月に入ってすぐでした。

「どんな講座にしたいか」という

この講座にかける想いを聴かせていただいたところから

スタートしました。

 

 

受講生の方々は

忙しい毎日の中で、時間をつくり

この講座を受講されるのです。

社長はじめ、受講生の方を送り出してくださる方が

いらっしゃるのです。

受講生の方の分まで

会社でお仕事をされている方がいらっしゃるのです。

そう思うと、2日間を価値あるものにしたいです。

受講生の皆さんとともに

価値ある時間をつくっていきたいです。

 

 

実は

私自身、この講座の準備を進める中で

自分自身がコミュニケーションの壁にぶつかり

葛藤し、苦しむという体験をしました。

ひどく落ち込み、なかなか浮上できず

必要だと思ったことを学んだりしました。

そして、乗り越えることができました。

乗り越えるどころか

もっと大きなものを得ることができたのです。

それは、

「どんなに理解し合えないと感じても

対話を重ねれば、必ずお互いの理解に至る」

という確信です。

 

 

落ち込んでも

自信をなくしても

ひるまずに

本気の対話に挑戦できたのは

「対話力向上の講座を担当する自分自身が

本気の対話から逃げてどうする!!」

と思えたからです。

「どんな課題も対話で乗り越えられる

と信じているなら

まず自分がやらなくてどうする!!」

と自分を奮い立たせることができたからです。

 

 

実際、これまでの自分の対話に比べると

深い対話を体験しました。

そのためには

自分自身に向き合うことを避けるわけにいかず

心の痛みも大きかったです。

その分、自分自身は成長することができたと

確信しています。

これまでは目をそらしていた部分を

直視することができました。

 

 

対話が人間関係をつくり

自分自身も成長させてもらえるということを

実感することができました。

 

 

この講座を担当させていただけたことが

自分の成長を後押ししてくれたのだと思うと

本当に感謝です。

 

 

今日明日の講座を通して

そんな自分自身の実体験も

お伝えしていきたいと思っています。

 

 

受講生の方々がそれぞれの壁を乗り越えるために

考える時間にできたらと思います。

それをお手伝いさせていただきたいと思っています。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ