土台となる考え方(No.1866)

おはようございます!

 

将来にわたって業績を上げ続けるために
 
土台づくりを
 
対話スタイルでお手伝いする
 
土台構築コンサルタント
 
佐藤慶子です。
 
 
 
 
日々、目の前には
 
いろいろな出来事が起こりますね。
 
いいことも
 
そうでないことも。
 
新たな課題がやってきたり
 
ずっと前から解決できずにいる課題に
 
悩んだり。
 
また、自分自身の状態も
 
影響しますね。
 
元気もりもりでいい調子のときもあれば
 
ちょっとパワー不足の
 
しんどいときもあります。
 
 
 
 
いずれにしても
 
どんなときも
 
突破口は自分で作れると思っています。
 
それは
 
 
「どうなりたいのか」を考えることです。
 
 
 
 
不安や不満は山ほどあったとしても
 
それについて時間をかけて
 
じっくり丁寧に考えていても
 
なかなか前には進まないものですね。
 
大変な状況の中でも
 
「で、どうなればいいのかな?」
 
「何を目指すんだっけ?」
 
「自分はどうありたいのか?」
 
と考えることは
 
勇気やパワーが必要かもしれません。
 
心の状態をぐぐっと変えることになるので。
 
 
 
 
最初はしんどさも伴うかもしれませんが
 
「どうなりたいか」
 
を、本気で考え
 
鮮明にイメージできれば
 
心の中にも大きな変化が起こります。
 
 
 
 
不安、不満、不信といった
 
負のパワーがつまった沼から
 
大きくジャンプして
 
太陽に顔を向けるようなイメージですね!
 
 
 
 
太陽に顔を向けることができたら
 
力が湧いてきます。
 
まわりや他人のことに向いていた目が
 
自分に向き
 
自分の行動に焦点が当たってきます。
 
そうすると動きが始まります。
 
 
 
 
組織の中で
 
どんな状況にあろうと
 
「どうなりたいか」を自ら考え
 
自ら動き出す人が増えたら
 
どんな変化を起こせるでしょうか?
 
良い変化が起きることが想像できます。
 
組織の中で
 
こんな考え方が根付くことが
 
将来にわたって業績を上げ続ける
 
土台となると考えています。
 
 
 
 
今週はあるリーダーさんと
 
大事な打ち合わせがあります。
 
「どうなりたいか」を
 
たっぷりイメージしていただく時間に
 
したいと思っています。
 
お役に立てるよう精一杯務めます。
 
 
 
 
また、あるお客様のミーティングで
 
「どんな会社にしたいか」
 
をテーマに話し合う予定です。
 
今勢いに乗っている社員さんたちに
 
どんなシナジーが起こるでしょう・・・
 
さらに動きが加速していきそうです。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ