土台づくりは習慣づくり(No.1890)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

私は普段、コーチングという

コミュニケーションの手法のひとつを

活用して仕事をしています。

 

 

2011年にコーチングを学び始めたのですが

そのころはまだ

「え?コーチング?それ何ですか?」

と言われることが多かったです。

自分自身も学び始めたころは

うまく説明ができませんでした。

 

 

また、コーチングを仕事にして独立したいという想いを

人に話しても

「コーチングだけじゃ食べていけないからね・・・」

「富山にはまだそんな市場はないよね」

と、ネガティブな意見をもらうことが多かったです。

 

 

でも、最近は状況が大きく変わってきたと感じます。

「コーチングのセミナーを受けたことがある」

と言われる方と出会うことも多くなり

「コーチングを学びたいと思っている」

と言われる方もたくさんいらっしゃいます。

ご自身の今の状況を打開するために

コーチングに期待する声もよく聞かれるようになりました。

 

 

普段、企業にお伺いして

経営者の方、管理職の方、社員の方々と

じっくり対話をさせていただく中で

人を育てたいという想い

人と接する上での悩み

自分の成長という面での課題

などをお聴きすることがあります。

そんな時に、コーチングの基本的な考え方や技術を

お伝えすることがあります。

 

 

コーチングは人間の特徴を無視することなく認め

うまく活用した考え方、手法なので

言われてみれば当たり前のことです。

 

 

例えば・・・

人のやる気をアップさせたいなら

やる気が落ちる関わり方ではなく

やる気がアップする関わり方を選ぶ。

 

 

人が心を開いて、本音で話してくれることを望むなら

本音で話せるように、環境を整えて

本音を話してもらえる自分になる。

 

 

何度言っても相手に響かないようなら

響くような関わり方を選ぶ。

 

 

望む結果があるなら

その結果が出せるような行動をする。

そのためには、考えたら意欲が高まることを考え

イメージして

結果につながる行動を選ぶ。

 

 

ということなので

当たり前と言えば当たり前かもしれませんね。

 

 

将来にわたって業績を上げ続けるためにの

土台づくりとしては

「望む結果につながるために必要なことをする」

という習慣づくりのそのひとつだと考えます。

コーチングの考え方、技術を活用して

そんな習慣作りをお手伝いしたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ