内面のあるものはすべて伝わっている(No.1867)

おはようございます!

 

将来にわたって業績を上げ続けるための
 
土台づくりを
 
対話スタイルでお手伝いする
 
土台構築コンサルタント
 
佐藤慶子です。
 
 
 
自分の名乗り方を変えたのはいいのですが
 
ブログのタイトルなどもろもろは
 
変えていませんでしたね(笑)
 
徐々にリニューアルしていくつもりです(笑)
 
今後とも、どうぞよろしくお願いします。
 
 
 
 
リーダーの方と内面の奥にあることについて
 
語り合うことができました。
 
自分と向き合う覚悟のあるリーダーの方です。
 
ご自身の部下との接し方を
 
模索していらっしゃるようでした。
 
 
 
以前もある経営者の方と
 
お話をしたのですが
 
私の仕事は大袈裟に言ってしまえば
 
相手の可能性を信じられるかどうかに尽きるのです。
 
それは人を育てる人に共通するものだと思っています。
 
 
 
 
どんなテクニックや斬新な手法を持っていたとしても
 
自分自身の中に
 
「まったく、この人はダメだな・・・」
 
「この人はきっと変わらない・・・」
 
と、思う気持ちがあれば
 
成果は出ないでしょう。
 
掛け算で言う、ゼロをかけるようなもの
 
マイナスをかけるようなものですね。
 
内面にあるものは
 
すべて、相手に伝わるのです。
 
言葉ではどんなに素晴らしいことを言っていても
 
目から、言葉から、声から、空気から
 
内面にあるものはすべて伝わると思っています。
 
 
 
私自身も、そんな内面にあるものに悩み
 
失敗し
 
乗り越えようと挑戦したことがあります。
 
一筋縄ではいかなかったこともあります。
 
結果、自分の内面が変われば
 
相手が変わるという経験を何度もしています。
 
相手の可能性を信じる。
 
相手を応援するマインドを持つ。
 
相手の良い面を見る。
 
そんなふうに内面が変われば
 
それもそのまま相手に伝わるのです。
 
 
 
自分の内面が
 
相手に良い影響を及ぼすものか否か
 
自分にはわかるはずです。
 
であれば、自分が「変わった」と思えるまで
 
挑戦する必要があります。
 
 
 
 
私が相手を応援するマインドが弱いと感じるとき
 
相手を肯定的に見れないと感じるときには
 
相手のいいところ
 
尊敬できる部分
 
応援したい部分
 
これまで見てきた挑戦
 
相手が目指していること
 
などを
 
自分の内面が変わるまで書き出します。
 
そうすると、相手に向き合うマインドが変わります。
 
 
 
 
いつもベストなマインドでいられたらいいのですが
 
揺れるときがあります。
 
でも揺れたときの戻り方持っていれば安心です。
 
 
 
 
人の可能性を信じるにあたり
 
自分自身も人の可能性を100%信じられるのだということを
 
信じることが大切だと思っています。
 
 
 
 
そんなことをリーダーの方と
 
語り合う機会をいただけたことに
 
感謝しています。
 
 
 
そして、リーダーの挑戦を応援し
 
お手伝いしたいです。
 
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ