個々の基盤確立への大挑戦(No.2465)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今朝、車の中で聞いていた

『7つの習慣』のオーディブックの中で

心に響いた部分がありました。

書籍でも再確認しました。

以下の文章です。

———————–
人間関係を深めるテクニックやスキルが

あるとすれば、

それは真に自立した人間から

自然と出てくるものである。

だから、どんな人間関係でも、

まずは自分の内面に

土台を築かなければならない。

影響の輪の中心を

揺るぎないものにし、

自分の人格を磨かなくてはならない。

(256ページ)

—————————————

このことを

忘れたくないなと

改めて感じました。

 

 

今まさに

あるお客様とともに

集中して挑戦しようとしていることが

こういうことなのです。

時間をかけて

個々の基盤、土台を確立することに

挑戦する取り組みです。

そのために

具体的なプログラムを

検討しているところです。

 

 

もちろん

仕事上のスキル、テクニックも

必要です。

目の前の様々な課題を

解決していくことも

必要です。

それを疎かにするわけには

いきません。

 

 

ですが

あえて

お一人お一人に目を向けて

人間としての成長をテーマに

集中して取り組まれることは

日常の仕事と別物ではありません。

目に見えるわかりやすい

スキル、テクニックの向上や

目の前の課題解決のスピードを

加速させていくことになりますから!

 

 

個々の基盤確立のプログラムを

具体的にどう進めていくかということを

検討する時間は

私自身の気持ちを駆り立ててくれます。

お客様とともに

ワクワクしているのです。

 

 

当然、らくに

成果を見ることができる取り組みではないでしょう。

こういうことは

めんどくさいに決まっています。

 

 

話し合う時間も必要です。

目指すものや想いを共有するためには

いかに深い対話ができるかが

重要になります。

人間としての直感を大切に

必要だと感じる話はちゃんとする。

効率重視で時間を短縮し、端折ることほど

非効率だと心得る。

丁寧に準備を進めながら

大きな勇気を持って動く。

という取り組みですね。

 

 

個々の内面に向き合うということは

簡単なことではありませんね。

それができるためには

ともに働く仲間との関係を構築し

お互いに力を借りなければいけません。

そのためには

空気が大事になります。

なので、空気づくりが必要です。

 

 

「こうしたらうまくいく」

というたったひとつの答えがあるわけではなく

やりながら

必要なことを感じ取りながら

進めていくのです。

そのためには

考え抜く必要があります。

 

 

今、お客様のパートナーとして

そういった大きな挑戦をご一緒できることに

感謝です。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ