価値的な対話ができる状態をつくる(No.1878)

 

 

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

対話をすることができれば

いろいろなメリットが得られます。

 

 

例えば・・・

自分一人では、もう、これ以上

アイデアが出ないときに

自分以外の人と話すことで

想像していなかったアイデアを

共有することができます。

「そうか!そんな方法もあったか!!」と。

自分としてはハードルが高いと思っていた方法よりも

相手がもっとハードルの高い方法を出してきたとしたら

だんだん、できる行動の難易度が上がっていきますね!

「そこまで言うなら、これぐらいはらくちんらくちん」

という感じで。

発想を広げてアイデアを出し

行動しやすいマインドになることは

対話のメリットのひとつです。

 

 

また、普段はあまり語らない理想を

思いっきり語れるというのも

メリットのひとつです。

人からは

「きれいごとだ」

「理想ばかりだ」

と言われたとしても

心にしまっておく必要はありませんね。

自分の良心に従い

「将来こうありたい!目指したい!」

という想いが原動力になるのであれば

大切にしたいです。

それを忌憚なく話せる場があれば

たっぷりと話すことで

自分の心を解放し

自分の理想を自分に語って聞かせ

自分の意欲を高めることができるのです。

 

 

アイデアについて

理想について

もちろん一人で考えることはできますが

人と対話ができれば

広げることができたり

明確にできたり

できる!という気持ちを高めることができたりします。

 

 

業績向上についても

対話の効果を活用したいのです。

今、課題となっていることを

より明確にするためには

率直な対話が必要です。

課題を乗り越えるアイデアを出し

前に進むためにも

アイデアを出し合う対話が必要です。

課題を乗り越えて

前に進むためには

今の不安や不満などを率直に話し合い

本当はこうありたい理想を話し合うことで

一体感を高める対話が必要です。

 

 

そして、そんな価値的な対話を行うためには

準備が必要ですし

普段が大事になってきます。

そういったことが土台づくりだと考えています。

一言で言えば、土台づくりとは

「価値的な対話ができる状態をつくる」

ということです。

 

 

将来にわたって業績を上げ続けるために

今、土台づくりのお手伝いを

させていただいています。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ