価値ある学びが得られる場(No.2232)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今抱えている

悩み

困りごと

などは

今必要な学びをくれる

生の材料なのだと感じます。

 

 

その材料を

十分活かしたいと思ったら

自分以外の人の存在が

とてもありがたいものだと感じます。

 

 

社員さん達のミーティングのお手伝いを

していると

「おおお~~~!」

と言いたくなる場面に

しょっちゅう遭遇します。

 

 

話したことに対して

他のメンバーから質問をもらうことで

これまで考えたことがないことを

じっくり考えることができたり

視点を変えることができたりします。

「今、何かが起きたのだ」

ということはメンバーの表情から

感じ取れますね。

 

 

自分とは違う考え方で挑戦している

メンバーの話を聴き

自分と照らし合わせ

自分について考え

気づけることがあります。

人から指示されたことよりも

自分の意志で取り込んだ情報は

自分の中に

強く叩き込めるものですね。

 

 

また

頭の中でまとまっていなくて

すらすらと話せなかったとしても

言葉を待ってくれるメンバーがいて

ゆっくり出てくる言葉を

全身で受け止める雰囲気で聴いてくれると

安心して話すことができます。

 

 

これまで溜めていた想いも

受け取ってくれる仲間のおかげで

流し去ることができたりします。

 

 

そんな対話の場を経験すること自体が

お互いにとって

大切な学びの時間となっているように

感じます。

対話というものの価値を高めるのは

そこに集まる人の力ですね。

人は十人十色なので

そのような人が集まるグループも

それぞれの色を出されています。

 

 

昨日は対話のお手伝いも

させていただきましたが

自分自身も素晴らしい対話の時間を

いただきました。

人生の大先輩である幹部の方との

語り合いの時間です。

定期的にお時間をいただいています。

よりよい会社へ

目標達成へ

という想いは同じですので

話をしながら考えを深めたり

必要な取り組みについて

意見交換できることが

ありがたいです。

ここでも実感したのは

話し合う

聴き合うことの価値です。

 

 

知識を外から取り込むことも

とても大事なことですが

と同時に

もうすでに取り込んだものを

すぐに使える形にして

どんどん活かすということを

大事にしたいと思っています。

それを可能にする方法のひとつが

人と人との生の対話だと思っています。

 

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ