今すぐできるコスト削減活動!(No.2420)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

コスト削減は、企業において

とても重要な活動だと思います。

意識していない企業はないのではないでしょうか?

印刷は必要がない限り

カラーではなくモノクロで。

社内用であれば

資料の印刷は裏紙に。

封筒は使い倒す。

という感じで

こつこつ努力をされていると思います。

またものづくりの企業であれば

「自分の仕事は1分○○円」

という意識を持ち

少しでも早く作ろうとされています。

材料を無駄にしないよう大切に扱う。

ものを探し回る時間をなくす。

などなど、様々な努力をされていると思います。

 

 

ここで、見落とすともったいないのが

必要な対話をしないことによって

発生する無駄なコストです。

 

 

大袈裟な例ですが

例えば

仕事についての根本的な共有のために

話をする必要があるとします。

本当に共有するために

3時間(180分)の時間がかかるとします。

それを、時間がないという理由で

5分間の一方的な説明で終わらせるとします。

結果、175分という時間を短縮できたことになります。

素晴らしいコスト削減です。

 

 

ところが、もともとの目的であった

「根本的な考え方を共有する」

ということが為されていません。

そうなるとどうなるでしょう?

一生懸命やった仕事であっても

会社として目指していた形ではないので

良い評価をされることがない。

一生懸命、全力でやった人は

評価されないことを受け入れらず

モチベーションはどんどん落ちる。

その後、やる気がないまま

中途半端な仕事をし続ける。

それを見たまわりの人は

そんな態度を受け入れることができず

ストレスを感じ

モチベーションが下がる。

転職を考えるようになる・・・・・・。

 

 

こうなったとしたら

一体どれだけの無駄なコストを

生み出してしまうでしょうか?

 

 

また、ものづくりのお仕事であれば

最初に確認すべきことを

確認する時間を削減して

各々の思うようにつくってしまい

不具合続出。

そうなると

一体どれだけの無駄なお金が流れていくでしょうか?

材料も時間も無駄になってしまいます。

不具合を続出させてしまったことによる

落ち込みがひどく

その後しばらくは

本来持つ力の6割しか発揮できなかったとしたら

その分も損失ですね。

その周りの人の気持ちも

落ち込んでしまったとしたら

さらに被害が増大です。

 

 

なので

共有するために

確認するために

話をする時間の削減には

注意が必要ですね。

話をするのを避けることによって発生するコストは

一番に削減したいものです。

 

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ