人間をどう見ているのか?(No.2598)

こんばんは!

望む結果を手に入れるために

挑戦できる空気をつくり

真の課題を解決することを

お手伝いするパートナー

佐藤慶子です。

 

 

あるお客様の

人間観にふれ

とても深く大きいことに

衝撃を受けました。

人間というものを

どう見ているか

ということを

とことん話し合う時間に

お客様のことを

より理解できたような

気がします。

 

 

こんなことを

語り合いました。

 

 

人間というものは

人のことはよく見えていても

自分のことは見えていない。

自分のことはわからない。

だからついつい

自分のことを棚にあげてしまうことがある。

人のできていない部分は

すぐにキャッチすることができるのに

自分については

本当にわかっていない。

 

 

人間の「今の状態」は

これまでの人生がつくっている。

誰にでも

様々なことがあったはず。

そんな様々なことから

たくさんの影響を受け続け

その人の今が出来上がっている。

だから

現在の目の前の事だけをとらえずに

過去のことなどもひっくるめて

包み込むような見方、接し方で

応援していきたい。

 

 

どうも気に入らない

苦手と思う場合には

何かしらの理由がある。

それを考えていこう。

 

 

そんなお客様の姿勢に

とても共感できたのです。

 

 

深い人間観をお持ちの社長のもと

一段二段深い対話をしながら

より人間としても挑戦をされていかれることを

応援したいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ