人間のセンサーフル稼働の打ち合わせ(No.2253)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

人と関わることは

大きな挑戦を伴うのだと

感じます。

 

 

人と

どう接していいか・・・

わからなくなってきた・・・。

 

 

自分のやり方が

間違っているのだろうか・・・

最近、ちょっと

自信がなくなってきた・・・。

 

 

どうも理解し合えない。

じっくり話そうとしても

お互いに、つい

けんか腰になってしまう・・・。

 

 

一緒に働いている人のことを

あまり知らないのかも・・・。

どんな人なのか?

どんなことを考えている人なのか?

もっと知ることができたら

仕事もスムーズかもしれない。

 

 

話をする必要がある。

でも、具体的に

どんな単位で

どんな順番で

対話を進めていったらいいのだろう?

 

 

日々

お客様先で

社長、管理職の方、社員の皆様の

お話をお聴きする中で

様々なお話をお聴きします。

正解かどうかはだれにわからず

ケースバイケースという中で

皆、必死に考えているのです。

 

 

こちらも

人間としての五感を

フル稼働させるような意識で

お話をお聴きし

ともに挑戦させていただいています。

 

 

あるリーダーさんとの打ち合わせは

まさにお互いが持つ

人間としての感性、センサーを

フル稼働状態の時間です。

 

 

とても鋭い感覚で

部下の皆さんのことを見て

感じとろうとしていらっしゃるリーダーさんです。

今、どんなことを感じていらっしゃるのか

繊細な部分まで

ずれずに共有させていただくことが

私としては必須です。

感度の高いセンサーをお持ちのリーダーさんは

私がどんなことを感じているのかも

大事な材料として

最大限に活かそうとしてくださっています。

私も、自分の感覚を信じて

感じ取ったことを

お伝えすることが

大事なお手伝いだと考えています。

2人が感じ取ったことを

共有して

今後の作戦を立てる材料にしているのです。

 

 

リーダーさんの姿を拝見しながら

実感するのです。

「これは本当に、大きな挑戦なんだな」と。

この挑戦を通して

どれだけ深くなれるのだろう?

どれだけ広くなるのだろう?

どれだけ大きくなれるのだろう?

なんて尊い挑戦なんだろうか?

と涙が出そうになります。

 

 

人と一緒に働くことを通して

組織として成果を出していくことを通して

人との接し方を振り返り

自分自身を振り返り

成長の方向へ前進しているのです。

 

 

自分にできることはなんだろう?

人が内面にある大事なものを

出せる場を提供したいです。

人がお互いに深め合い気づき合う場を

提供したいです。

人が心からの納得感をもって

堂々と行動を開始できるプロセスを

お手伝いしたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ