中途半端なものを受け入れる勇気(No.2062)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

一度でバシッと結果が出る。

バッチリ決まる。

それができたら素晴らしいと思いますが

そうはいかないことも

いろいろありますね。

とくに人に関することであれば。

また、長年の課題であれば。

 

 

私がご支援させていただいている

土台づくりという取り組みも

まさに、一気に結果が出るものでは

ないかもしれません。

 

 

もちろん、人の心は一瞬で変わることがあるし

瞬間に決意が固まることもあると思いますが

それが形となって目に見えるようになるには

それだけのプロセスと時間が必要ですね。

 

 

普段、対話というものを活用しながら

人が考える過程

人が挑戦する過程

人が成長する過程

組織の一体感が高まる過程

仕事が効率よくできるようになる過程

働く人がよりやりがいを感じていく過程

を、お手伝いしている中で

感じることがあります。

それは

「中途半端なものを受け入れる勇気」

が大切だということです。

 

 

目指している理想の状態があるとしたら

そこに辿り着くまでの状態は

「中途半端」と捉えることも

できるかもしれません。

 

 

たとえば

本当に話し合いたいテーマがあるのに

そこに辿り着くことすらできず

表面的なことを話して終わってしまう。

 

 

相手が相手自身に向き合い

挑戦することを応援したいのに

なかなか相手に本音を言ってもらえる状態を

つくれない。

相手の心を開くことが

なかなかできない。

 

 

まずは自分から心を開かないと

相手が心を開いてくれるわけがない

と思っているけど

なかなか難しい。

そうしても自分の鎧を脱げないでいる。

 

 

理想を目指しての挑戦の過程には

いろいろな段階があるでしょう。

中途半端に見えて

道のりは遠いと感じることも

あるかもしれませんね。

 

 

であれば、中途半端であることを

受け入れてみましょうか。

少しずつ進んでいるということを

受け入れてみましょうか。

 

 

焦る気持ちもあるし

そんなにゆっくり構えていていいのか・・・

と、不安になることもあるかもしれません。

それが土台づくりの取り組みなのかもしれませんね。

 

 

今まで手を着けなかったことに

手を着けているのです。

今まで踏み込むことを避けてきた部分に

踏み込み始めたのです。

今まで向き合ってこなかったものに

向き合っているのです。

本当は、大きな大きな前進です!

 

 

今日も大切な対話のお手伝いをさせていただきます。

自発的に対話を希望される形で

実現に至った対話です。

その事実がすごいことで

すでに大きな大きな前進を遂げているのです。

価値ある時間となるよう

精一杯お手伝いさせていただきます。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
1月16日(火)19:00~21:00
2月6日(火)19:00~21:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ