リーダーの苦悩(No.2336)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

リーダーの苦しみというのは

理解されにくいかもしれませんね。

日々、いろいろな苦悩が

あるかもしれません。

いろいろな葛藤があるかもしれません。

 

 

指示をしたことが

実行されない。

そんなことが何度も何度も続いて

気持ちが落ち込んでくる。

 

 

そもそも、どう指示したらいいのかが

わからない。

だから伝わっていないのかもしれない。

そんな不安もある。

 

 

自分が出す指示は

部下にとってはきついものであることも

わかる。

でも、自分はリーダーなんだから

進めていく責任がある。

自分のやり方を見直す必要が

あるのかもしれない。

 

 

頭ではわかっている。

もがいている。

苦しい。

でも、苦しさの中にいることを

あまり知られたくない。

迷い悩んでいる自分が

かっこ悪い気がする。

 

 

ところが、本当は

そんな自分のプライドが嫌で

辛い。

 

 

もっと柔軟になれたら。

やり方を変えてみたらいいのかもしれないけど

うまくいくだろうか・・・?

 

 

少なくとも

今、うまくいっているとは言えない。

でも、うまくいくかどうかわからないことを

やってみるのは不安。

 

 

ああ、もっと素直になれたら・・・

自分の振る舞いがこれでいいとは

思っていない。

でも、変化していくことに

抵抗がある。

 

 

そもそも

自分がリーダーをやっていて

いいのだろうか?

自分が自分を信じなければ・・・。

 

 

学び、成長していけると信じたい。

挑戦したい。

でも、今、挑戦するエネルギーが

枯渇している自分がいる。

何の責任もないときの自分に戻れたら

どれだけらくだろう・・・。

 

 

でも、このまま挑戦から逃げたくはない。

すがすがしい達成感を味わいたい。

「やりきった」

と思いたい。

ともに働く仲間と

一体感を感じるチームになりたい。

 

 

などなど

日々奮闘するリーダーは

様々な想いを

抱えていらっしゃるかもしれませんね。

リーダーらしくない(と思われる)

考えが浮かぶこともあるでしょう。

まわりからの期待とのギャップを

苦しく思うこともあるでしょう。

でもそんな想いも

見ないようにしたり

否定したりしないで

「あるんだ」

と認めていきたいのです。

「ある」と

認めるだけです。

 

 

それができれば

流れが変わってきます。

そこでやっと

そもそも備わっているものが

出やすくなると感じます。

本来

よりよくなりたい気持ちがあり

挑戦したいのです。

素直に自分と向き合い

成長したいのです。

 

 

話をじっくり聴くことで

今のそのままを認め

本来持っているものが

出やすくなるよう

お手伝いしたいです。

 

 

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ