ミーティングという場を使って行っていること(No.2393)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

普段、お客様のミーティングを

ご支援させていただくことが

多いのですが

ミーティングといっても

それは

本当に話す必要があることを話し合うミーティングです。

だから・・・

一言で「ミーティング」なんていう言い方を

しないほうがいいのかな・・・

なんて思ったりする

今日この頃です(笑)

一般的にイメージされるであろうミーティングとは

少し性格の違うものだと思い

いい表現を探しているのですが

いまだしっくりくるものを

見いだせずにいます。

 

 

かっこよく、きれいなネーミングを

求めないとしたら・・・

こんな感じでしょうか?

 

 

・業績向上を妨げているものを

明らかにして

恐れることなく出し合い

その事実を否定することなく

ともに働くメンバーで向き合い

直視し

解決する方法を見出し

行動するための話し合い。

 

 

・頭ではわかっているけど

本当は腑に落ちてなくて

本当は実行する自信がないこと。

本当は納得してないので

やりたくないこと。

を正直に話し合い

目指す結果にいきつくためには

どうすることが必要かを話し合い

実行できるよう道筋をあきらかにして

動くための話し合い。

 

 

・お互い目指すものは同じなのに

使う言葉や言い方のせいで

理解し合えないと勘違いしている場合に

お互いの考えや想いを

聴き合うことに徹して

本当に理解し

目指すものを確認して

一体感を高めて

目標達成に向かうための話し合い。

 

 

・組織が発展していくのを妨げているものとして

けっこう大きいのが

実は個々の「人間のクセ」だったりする。

個々が、素直に自分に向き合い

自分のクセを直視することに努め

行動、振る舞い、考え方など、改善したいものを

改善していこうという気持ちになり

改善に挑戦するために

仲間から気づきをもらったり

仲間からサポートをもらったりするための

話し合い。

個々が勇気を持って

自分に向き合い

自己改善を決意できるために必要な

空気をつくりながら

話し合う場。

 

 

などなど

一言で「ミーティング」なんて言っても

実際にやっていること

意図しているものを

説明するには文字数が必要になってしまいます(笑)

一言で表現できるようにがんばります(笑)

 

 

第三者の方々への説明は

簡単ではないのですが

ご依頼くださるお客様とは

「ですよね!」で通じてしまうことが多いので

それは不思議でもあります。

こういったことを求めていらっしゃる方との

ご縁があり

私自身が提供したいことと一致することが

ありがたいと思っています。

 

 

「研修はたくさん受けさせてきたけど

人間性を磨くような内容が足りなかったのかもしれない。」

とか

「研修というスタイルではなく

深く学び、気づける場というのはないものか?」

とか

「研修を受けた後に

実際に行動につなげることや

一人ではできないことを

人とつながってやっていくということを

今、体験してほしい」

とか

そういったご要望を

経営者様からお聴きすることが多いです。

 

 

とても難易度の高いことを

言われているようだけれど

実はとてもシンプルな取り組みだと考えています。

「必要な話をする」

ということなので。

 

 

しかも

必ず良い結果になると

自信を持って言えます。

それは人間であれば

計り知れない力を持っているからです。

対話は

そんな人間の力を引き出し

合わせていくことが可能だからです。

今、話し足りていないことを

話すだけで

解決していくこと

乗り越えていくことが

山ほどあるように思えてなりません。

 

 

今、必要な対話はどんな対話だろうか?

必要だと思う対話を

ひとつひとつ進めていきたいものです。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ