まずは聴き取り、感じ取り、理解に徹すること(No.1737)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援の
 
佐藤慶子です。
 
 
 
新しい月になりましたね。
 
気持ちもフレッシュになりますね!
 
なんだか、今年になって
 
まだ1か月しか経っていないんだな・・・
 
というのが実感です。
 
今、日付を打ってみて
 
まだ2月になったばかりなのか・・・
 
と思いました。
 
振り返れば
 
1月がとても濃い毎日だったからかもしれません。
 
ありがたいことです。
 
 
 
今、私が集中していることは
 
お客様が目指していらっしゃるもの
 
得たいと思っているものを
 
深く理解するということです。
 
当たり前のことですが
 
もっともっと強化したいのです。
 
 
 
明確にあるもの
 
明確な言葉にはなっていないけど
 
存在しているもの
 
今、明確にされたいものも含めて
 
お客様である社長の想いがわかっていなければ
 
お手伝いのしようがないからです。
 
 
 
「こういう状態を目指している」
 
「こういう課題を乗り越えて、こうなりたい」
 
「社員のこういう姿がみたい」
 
「こういうことを大切にしたい」
 
など、とにかく、社長の想いを知るんだ!
 
という意識で、お話をお聴きしています。
 
 
 
社長がお話してくださるお話
 
体験談、エピソードなどには
 
社長のどんな想いが表れているのか?
 
社員さんに何を求めていらっしゃるのか?
 
社員さんにどう成長してほしいと思われているのか?
 
読み取り、感じ取り、理解し
 
理解があっているかどうか
 
丁寧に確認する必要があります。
 
もし違っていたら
 
お役に立てないご支援をすることになってしまうからです。
 
 
 
昨日、ドライヤーで髪の毛を乾かしながら
 
ひらめいたことがあります。
 
ちょっとやってみます。
 
そして、社長の想いとずれていないか
 
確認してみます。
 
 
 
今日は大事な日です。
 
大事なことを最優先する一日を
 
作りたいです。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ