とうに何かを乗り越えて臨んでいる(No.2063)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

普段、なかなか話せないことを

じっくり話す場をつくるとか

言いにくいことをテーマに

率直に話し合う場をつくるとか

大切な対話を行う場合、

その場に臨む時点で

すでに何かを乗り越えているのだと

思います。

場合によっては

とうにいくつか乗り越えているのです。

 

 

理想の状態を必ず実現するという決意が

より強くなったので

対話が必要だと感じたのかもしれません。

その時点で

できるかどうかわからないのではなく

「やる」と決めたという事実があります。

自分の迷いを乗り越えているのです。

 

 

話し合うことによって

もしかしたら

自分のやり方や考え方に

軌道修正が必要かもしれません。

否定されるかもしれないと思うと

多少の不安や恐れがあるかもしれません。

それでもよりよい方向に進むために

自分の不安や恐れを乗り越えて

話し合いの場に臨んでいるのです。

 

 

話し合いの場自体

頭を使うことになるし

エネルギーも必要かもしれません。

これまで話し合いたいと思いながら

放置せざるを得ないようなことであれば

面倒なことかもしれません。

でもあえて向き合うと決めたなら

その時点で、面倒だと思う気持ちを

乗り越えているのです。

 

 

目標達成し

理想の状態を手に入れたいと願い

対話の場を持ちたいと思う時点で

乗り越えているのです。

 

 

実際に対話をしようと

関係者に声をかける時点で

乗り越えているのです。

 

 

対話の場で

自分をニュートラルに保つことに努め

相手の話を心から聴いている。

その振る舞い自体が

乗り越えている証です。

 

 

対話というものは

目に見える一つの形であり

その場に至る前に

いくつもの課題を乗り越えることが

できるのです。

 

 

また、対話を通して

この後さらに

乗り越える決意をすることができます。

そして、ひとりで乗り越えるわけではない。

同じ志を持った仲間がいると思うことで

より力が湧いてくるのです。

 

 

そんなすごいことをやってのけてしまう

人間ってすごいですよね。

感動します。

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
1月16日(火)19:00~21:00
2月6日(火)19:00~21:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ