かつてない行動を起こすために(No.2422)

おはようございます!

 将来にわたって業績を上げ続けるための

 土台づくりとして

 「必要な話ができる状態」をつくり

 理想の実現をお手伝いする

 土台づくりパートナー

 佐藤慶子です。

 

   

昨日は

私の普段の取り組みと

その根底にある想いについて

書いてみました。

昨日は

階層別のミーティングという取り組みを

取り上げました。

今日は部署ごとのミーティングについて

書いてみたいと思います。

 

  

 

同じ部署で

毎日顔を合わせていれば

必要なことはちゃんとしゃべっている

と思って働いているかもしれません。

言うべきことを言いながら

メンバー同士力を合わせて

いい仕事をしている

と思えているかもしれません。

素晴らしいですよね!

 

 

 

もしくは

逆のパターンもあるかもしれませんね。

ちゃんと話し合いたいことがあるけど

自分もみんなも忙しいし

今のままでもやれないこともないし

けっこう言いにくいし

言いにくいことをわざわざ言って

空気が悪くなったらどうしよう・・・

と思うし

自分みたいなぺーぺーが

こんなこと言っちゃっていいのだろうか・・ 

と思うし・・・

 

 

といういろいろなことを慮っての

いろいろな気持ちがあるかもしれません。

  

 

今のままで良いのであれば

そのままいけば良いのだと思います。

 

 

 

ただ、今のままで満足していない。

もっと良い状態にして

っと結果を出したい

と思うなら

改善できることは改善し

挑戦できるところは挑戦していきたいものです。

 

 

 

自分達の今の状態を直視して

より良くなるためには

最初はしんどさを感じることにも

着手する必要があるかもしれません。

最初は大変かもしれません。

 

 

 

そんなしんどさを感じることを

上から「やりなさい!」と言われて

「はい、わかりました」で

やれたらいいのですが・・・

そうではなかったために今があるとしたら

少し違う視点でアプローチしてみたいのです。

 

 

 

みんなのやりにくさを取り除き

仕事がやりやすくなり

目標達成という結果もついてくるとしたら

どんな方法があるか?

 

 

 

効果的な取り組みのアイデアはあるけど

そうなると最初に発生する作業が大変だということが

怖いほどわかる・・・。

でも、そこを避けては通れない。

 

最初の負担を分け合うためには

どうしたらいいか?

 

 

 

しかし、それを考えると

やっぱりしんどくなる・・・。

だとしたら

どんな未来を思い描くことができたら

心のしんどさが消えるだろう?

 

もっともっと働きやすい環境?

 

みんなで喜び合いたい成果?

 

成長した自分の姿?

 

一体感が高まり

やりがいを感じて働くチームの姿?

 

 

 

 

というように

今までしてこなかった挑戦をスタートさせるには

それを心からしたいと思えるほどの

心の動きが大切になりますね。

 

 

 

深掘りした話をして

人の感情も認め合って

実現したい状態を生み出す未来へ

一歩踏み出すためには

やはりそれができる空気づくり

場づくりが必要になりますね。

お互いの間に

肯定的な空気を流し

場に、肯定的な空気を充満させる中で

静かに心に火がつく。

気がついたら

かつてない行動を起こすチームになっていた。

そんなことを願ってお手伝いさせていただいてます。

 

 

 

そして、かつてない行動を起こし合う皆さんの姿を

見せていただく度に

これは決して理想ではなく

実現可能なことなのだと

確信するのです。

 

 

 

やはり人と人が対話をすることによって

実現したいことは

実現できると考えています。

 

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ