お悩み 取り組み 変化 (No.2102)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ある研修の準備中です。

参加される方々は

まだお会いしたことがない方々です。

最近は、こういう形のお仕事は少なくなってきました。

 

 

というのも

単発の研修というスタイルではなく

まず社長からのご依頼があり

社長の目指されたい状態を

聴かせていただき

しっかり共有して

そこへ近づくために

どんなふうに取り組んでいくかを

話し合って進めていくスタイルが

中心になっているからです。

 

 

全社員さんが集まっての

ミーティングや研修であっても

事前にヒアリングと言う形で

お話はできていることが多いです。

全員とお話できていないことはありますが。

 

 

また、お話はできていなくても

どんなお仕事を担当されている

どんな強みをお持ちの方であるか

ということは

お聴きしていることが多いです。

そして、取り組みをスタートしながら

その結果をともに振り返り

また、今必要だ、最適だと思える取り組みを

進めさせていただいています。

 

 

なので、このたびは

お会いしたことがない方々の

研修ということで、準備中です。

準備の中で

今奮闘中でいらっしゃる管理職の方々の

お顔を思い浮かべながら

いろいろ考えてみました。

 

 

お会いした当時は

どんなことにお悩みだったかな・・・

そして、今、どう変化されているだろう・・・

管理職の方々はどんなことに挑戦されて

変化を起こされたのだろう・・・

そんなことを考えていました。

 

 

管理職の方々の挑戦を拝見していて

私が感じていることを書いてみます。

変化を起こされる方は

「聴く」ということに挑戦されていると感じます。

がんばっているのに、自分が目指しているような

結果が見えてこないとお悩みのとき

まずは部下の話を聴く

部下の想い、考えを知り、受け止める

ということです。

その時点から変化が始まると感じます。

 

 

「まず聴こう」というとき管理職の方も

自分と向き合い

心の姿勢を変えていかれるのです。

そこがすごいですよね。

 

 

また、もうひとつは

考えて、話をして、頭を整理する時間を

つくられるというのも

大事なことだと感じています。

膨大な量の仕事、考えなければいけないことなどを

抱えながら

少し立ち止まる時間をとり

今後のことを考えて

どう取り組むかを考える。

その時間があり、準備できることが

管理職の方々の心に

余裕を生み出し

より効果的な取り組みにつながっているように

感じます。

 

 

また、管理職の方々は日々部下の方々と

接していらっしゃるわけですが

それはあくまで日常の仕事の中でです。

日常の、目の前の仕事のことではなく

少し先のこと

会社全体に関わること

今見えている課題の根本の部分などを

話し合う場で

時間をともにすることは

じわじわと信頼関係を強くしていくのです。

そんな取り組みをされていると感じます。

 

 

こうして

管理職の方々のお悩み

取り組み

変化

を頭に浮かべながら

お役に立てる研修となるよう

準備して臨みたいと思っています。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
2月23日(火)10:00~12:00
(2月6日から変更になりました)
3月の日程は未定です。
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ