「認める」には勇気が必要(No.1669)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援
 
若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
「認める」ということには
 
勇気が必要だと感じます。
 
 
 
サポートさせていただいているミーティングの時に
 
ある社員さんがご自身の現状を話される姿を見て
 
そう思いました。
 
 
 
理想とのギャップがある現状がある場合
 
否定的になる場合に
 
批判するだけでは
 
次の行動につながりませんね。
 
「今、こんな状態である」ということを
 
認めることができたら
 
「じゃあ、どうする?」
 
という方向に向かって考えることができます。
 
次の一手を見つけることができるのです。
 
批判するだけでなく
 
認めることで
 
行動することができるのです。
 
 
 
批判しているだけでは動かない状態を
 
動かしていくスタートが「認める」ということですね。
 
 
 
なぜできないのだろう?
 
こんなんじゃだめだ・・・
 
では、批判することに
 
エネルギーを消費してしまいます。
 
 
 
できていない現状がある。
 
今はこういう部分がうまくいっていない。
 
それをそのまま受け止めることができれば
 
どうすればうまくいくか?
 
何が必要か?
 
という方向に考えることができます。
 
 
 
「認める」ということは
 
動くために必要なステップであり
 
成果を出すことにつながる
 
大事なステップだと感じます。
 
 
 
どうしても甘いイメージを持たれがちですが
 
「認める」には
 
勇気が必要で
 
強さが必要で
 
成果に対する決意が必要な
 
とても力強い行動だと感じます。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ