「認める」が本当にできたなら(No.2084)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

若いころから

職場での人間関係によく悩んできました。

悩む自分は

弱いからなのだろうか・・・?

と思うことがありました。

 

 

また、働く人が

本当に力を発揮できる環境って

どういうものなんだろう・・・?

と考えながら

いろいろ悩んできました。

私が描く理想というのは

甘いのだろうか・・・?

きれいごとなのだろうか・・・?

と思うことがありました。

 

 

そういう自分の悩み、疑問に対して

ヒントをくれたのが

コミュニケーションについての学びでした。

コーチングという

コミュニケーションのスタイルを学ぶ中で

「人間の本質を認める」ということに

挑戦してきたように思います。

人間の本質を認め

寄り添うことが

成果につながると感じるようになりました。

人間なら誰しも持っているような特徴を

無視すると停滞し

前進していかないと感じるようになりました。

 

 

たとえば

人は否定されると

言うべきことがちゃんと言えなくなります。

それだと、本当の課題が表に出てこないので

解決に向かうことすらできない。

そうであれば

人は否定されることが好きじゃないという

特徴を認めて

否定しない場をつくる。

 

 

何度言っても変わらないことを嘆くよりは

人はいきなり変われない

少しずつなら変われる

という人間の特徴を認める。

認めることができれば

できることがあります。

伝え方を工夫することもできるし

少しでも進歩した部分を認めて

それを相手に伝えることもできます。

人は人から認めてもらうと嬉しいという

特徴があるので

認められたらやる気も出ますね。

 

 

思ったような成果が出ないときは

自分を振り返る。

人は自分のことはわからないという

特徴を認め

自分を深く知ろうと努めれば

自分についての気づきがあり

できることが見えてくるかもしれません。

 

 

こんなふうに

人間の特徴を無視することなく

認めて

受け入れていけば

次の手を打てるので

前に進むことができますね。

 

 

「認める」

という一言の中には

とても深いものが詰まっています。

「認める」ということが

本当にできれば

国と国の争いも

なくしていける。

本気で思っています。

そんな実感が

ますます強くなっています。

 

 

昨日は

富山商工会議所青年部様の

会員交流委員会で

講師を務めさせていただき

私のそんな実感も

お話させていただきました。

少しでもお役に立てた部分があればいいなと

思っています。

 

 

昨日も皆さんにお話させていただきましたが

まだまだ試行錯誤中の私です。

うまくいかないこと

失敗したと思うこともありますが

自分の理想を目指して

挑戦し続けたいと思っています。

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
1月16日(火)19:00~21:00
2月6日(火)19:00~21:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ