「話をすること」で目指したいこと(No.2176)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今日は大事な学びの日です。

新幹線の中でこの1週間を

振り返りながら行きたいと思います。

 

 

この1週間は関わらせていただく方の人数が

ちょっと多めの週でした。

ミーティング

ミーティングのための打ち合わせ

研修の準備のための打ち合わせ

個別のコーチング

対話のお手伝い

などを終えて

関わらせていただいた方を数えてみたら

57人でした。

57人の方と大事な時間を

共有させていただいたのだなあと

しみじみ思うのです。

 

 

個別で向き合わせていただくときには

人間の奥深さを感じさせていただくことが

多いです。

出た言葉から

また言葉が出て

1人の人間が持つ

歴史

深い世界

広い世界を感じます。

 

 

数名、また10名程度のミーティングの

お手伝いをさせていただくときには

人間がつながる醍醐味を

感じさせていただいています。

 

 

渾身の想いを伝えられる社長。

社員さんの心に沁みわたる感じ。

勇気を持って突破口を開く発言。

それを認め受け止める仲間。

役割に徹しようとする方の想い。

素の想いを出す人。

素の想いを出せるようにと

協力する空気。

素の想いを受け止めるという心が集まる場。

誰かの発言が誰かの発言を引き出す場。

目には見えないけれど

つながっている

一体となったような感覚。

普段は言えないことを言うきっかけをつかむ。

率直に伝える。

などなど

一言でミーティングと言っていますが

実はそんな言葉では表現し切れないことが

起きる場だと感じています。

人間と人間が集まる場とは

素晴らしいものだという想いが

日々、強くなっていきます。

 

 

取り組みの形はともかく

取り組み自体に明確な名前が

つけられなかったとしても

べつにいいのかなと思っています。

とても説明しづらく

ご理解に苦しんでいただく場合もあるのですが・・・。

 

 

社長が実現されたい理想を

実現されるために

働く方々が

どこを目指して

何をやるかを深く理解していることは

大前提として

大切なこと、必要なことが、あると思っています。

 

 

それは

やっていくことを頭で理解するだけでなく

本当にやっていきたいと

心から思えること。

 

 

そして、一緒にやっていく人達に対して

肯定的な想いを抱き

協力し合えること。

 

 

そのために

各人が自分と向き合い

自分に成長に挑戦していくこと。

 

 

そんなふうに考えています。

なので、いろいろな形で

「話をする」ということを通して

モチベーションを高めること

一体感を高めることを

お手伝いしたいと思っています。

 

 

そんなお手伝いができる人間に成長したいので

今日も自分を磨くための時間を

大切にします。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ