「話し合う」ということ(No.1860) 

おはようございます!

 

将来にわたって業績を上げ続けるための
 
土台づくりを
 
対話スタイルでお手伝いする
 
土台構築コンサルタント
 
佐藤慶子です。
 
 
 
「話す」ということができれば
 
課題解決に向かうと思うのは
 
自分自身が仕事をしながら
 
体験してきたことや
 
悩みとして聴かせていただいたことが
 
あるからです。
 
 
 
 
仕事で不安に思っていること
 
アドバイスが欲しいと思っていることがあっても
 
なかなか話せない。
 
話す場も時間もない。
 
アドバイスまでは求めていないけど
 
今の状況を知ってほしい。
 
話を聴いてほしい。
 
そんな時
 
「話す」ということがしやすい状態であれば
 
良い変化を起こせそうです。
 
 
 
 
また、どうも話が通じない気がする。
 
何度も言っているのに
 
理解してもらえない。
 
実行してもらえない。
 
そんなときも
 
じっくり話し合うことができれば
 
自分の話が相手にどう捉えられているのか?
 
何が障害となって実行できないのか?
 
ということがわかります。
 
そうすれば、次の手を打つことができますね。
 
 
 
 
目先のことに追われている。
 
将来を考えると
 
何か変えなければ
 
何かに取り組まなければ
 
と思っているとき
 
話し合ってみることで考えを共有できたり
 
将来への取り組みへのヒントが見えたりします。
 
そしてまた一歩前進です。
 
 
 
 
「話す」ということの成果は計り知れませんね。
 
課題解決の第一歩であり
 
大前提だと考えています。
 
 
 
より良い方向に進化したいと
 
考えていらっしゃるお客様のところにお伺いすると
 
「話ができる状態にしたい。
 
意見を言いやすくしたい。」
 
「どんなことを考えているのかを
 
聴いてみたい。」
 
というお話をお聴きすることが多いです。
 
 
 
また、率直に話し合うことが得意な会社さんでは
 
その大きな強みを活かして
 
将来への取り組みが加速しています。
 
 
 
 
「話し合う」ということを
 
お手伝いしたいです。
 
話し合える体質を強くしていくことが
 
将来の土台となると考えています。
 
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ