「言える、言えない」はありがたいテーマ(No.2237)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

世の中には

思ったことが何でも言える人と

なかなか言えない人がいるように思います。

 

 

と言っても

ケースバイケースだと思います。

 

 

率直に言うことは苦手だけど

仕事上言わざるを得なくて言っている人も

いると思います。

 

 

あまり重要じゃないことは

気にせずに言えるけど

本当は言う必要があることほど

言えていないと感じる人もいると思います。

 

 

相手によっては

何でも言えるけど

相手によっては

何も言えない場合もあると思います。

 

 

場の雰囲気によっては

思ったことが言いやすいけど

場の雰囲気によっては

質問すらしにくいということも

あるかもしれません。

 

 

「言える、言えないの話」は

より良くしていくために

考える材料を

たくさん提供してくれるテーマです。

 

 

「言える、言えない」の話は

取り組む路線が2つあると感じます。

 

 

ひとつは

個々が自分と向き合う路線です。

言えない自分がいるとしたら

自分は何を乗り越えたら言えるのか?

言える自分がいるとしたら

言うことによってまわりには

どんな影響を与えているか?

と考えることができ

どちらにしても

成長の方向に進んでいけると思うのです。

 

 

もうひとつの路線は

人が言いたいこと、言う必要があることを

言える環境をつくるという路線です。

どんな環境であれば人が言いやすいのか?

どうなれば風通しがよいのか?

そして、人の意見というものを

どう受け止める環境であればいいのか?

ということを考えて行けば

乗り越えたい課題が

見えるかもしれませんね。

 

 

そして

ここでまた個々の話になりますが

言いやすい環境をつくり上げる1人として

自分はどうあればいいのか?

と考えることができますね。

 

 

あるお客様の取り組みの中で

ダイレクトにこういった内容を

扱うことになりました。

取り組みがより深くなっていらっしゃると

感じます。

将来、繁栄し続けることを考えて

今、必要なことに

どんどん取り組んでいらっしゃるのです。

まさに本質を見つめての取り組みを

進めていらっしゃると感じます。

精一杯お手伝いさせていただきます。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ