「聴く」ためには「聴ける自分」を作ること(No.1615)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ
 
おはようございます!
 
愛を注ぐ企業支援を目指す
 
富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。
 
 
 
「聴く」という行為は
 
なんと積極的で
 
強力なものか・・・
 
と、最近つくづく思います。
 
ある意味
 
勇気が必要な関わりでもあると思います。
 
 
 
聴くということは
 
決して受け身な行為ではありません。
 
相手の方が
 
ご自身の大切なことに
 
勇気を持って向き合える空気を作るのは
 
こちら側の役目です。
 
その準備なくして
 
「聴く」ということは成立しないのだと
 
実感しています。
 
 
 
相手の方が
 
本当の課題に目を向けて
 
それを話題にできるように。
 
弱い自分
 
未熟な自分
 
見たくない自分を直視し
 
それを言葉にできるように。
 
 
 
無理じゃないか・・・
 
人からなんて言われるだろう・・・
 
という不安を乗り越えて
 
それでもやっぱり
 
理想を実現したい
 
挑戦したいという
 
本当の目標について話せるように。
 
 
 
その場を作ることが
 
一番の仕事だと思っています。
 
 
 
本当に聴くことができれば
 
相手は自分に向き合い
 
自分は何を目指すのか
 
何をするのかを
 
すっきりと見つけることができます。
 
 
 
しっかりと聴くことができれば
 
相手から深い言葉が出てきます。
 
「コミュニケーションがうまくいかないのは
 
自分が話しかけにくいものを発しているからかもしれない」
 
「相手だけが悪いわけじゃない」
 
「自分自身がまず実力をつけて
 
言葉に説得力を持たせていきたい」
 
と、自分で気づいたことは自分のものです。
 
同じことでも、それを人から言われた場合は
 
納得感が薄くなってしまったり
 
受け入れにくくなってしまったりするのではないでしょうか。
 
 
 
「頭ではわかるけど・・・
 
納得できない・・・・」ではなく
 
本当の気づき、納得感があれば
 
行動が生まれ、変化、成長につながっていきます。
 
 
 
本気で「聴く」ことを通して
 
一人の人が真摯に自分と向き合い
 
勇気の行動を起こしていくことを
 
最大限にサポートできる存在であるために
 
より一層努力を重ねていきたいです。
 
 
 
遠回りに見えても
 
本当に望む結果につなげるために
 
絶対に必要なことは
 
「聴ける自分」になることだと
 
強く感じています。
 
 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ