「心の字幕スーパー」は大丈夫?(No.1908)

おはようございます!

将来にわたって業績向上し続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

人は、

「相手が自分のことをどう思っているか」

を、感じ取る力がありますね。

本当に敏感なものですね。

 

 

以前、お客様から言われたことで

忘れられないことがあります。

 

 

一般的には、やるべきだと言われることが多いことを

されていないお客様がいらっしゃいました。

お客様はご自身の信念を大切にされていたのです。

そのときのことです。

お客様から

「佐藤さんの中に、〇〇をしていないなんてダメだ。

という気持ちがあったら、ダメだよね。」

と、言われてしまいました。

お客様は、私が部分的にでも

否定的な想いを持っていることを感じられていたのです。

大変申し訳ない気持ちになり

素直にお詫びをしました。

 

 

思っていることは全部伝わるのです。

こうしてちゃんと言葉にして伝えてくださるお客様とは

対話をすることができますが

伝えてくださらないお客様とは

心が通じないままになってしまいますね。

そんな状態では、取り組みがうまくいくはずが

ありません。

 

 

言葉では逆のことを言っていたり

言葉では伝わらなかったりするのですが

それでも人は、相手が自分のことを

肯定的に見ているのか

否定的に見ているのかを

感じ取るのです。

まるで、レントゲン撮影のように

心の中は映し出されるのです。

 

 

「私は正しい。

あなたが間違っている。」

 

「何とかして、あなたを変えたいんですよ。

(あなたがダメだから)」

 

「何とかして説得してみせます。」

 

というセリフが心の中に流れている状態で

相手に接すると、言葉は逆のことを言っていても

ちゃんと本音は伝わります。

心には字幕スーパーがあると思っています。

 

 

相手と本気で対話をして

より良い未来を手に入れたいのであれば

心の字幕スーパーを変えていきたいですね。

 

 

「一緒によりよい方法を見つけましょう!」

 

「私もまだまだ成長したいです。

一緒に取り組んでいきましょう!」

 

「考えは違うけれど、お互いに納得できる

着地点を見つけていきましょう!」

 

こんな字幕スーパーはどうでしょう?

 

 

相手と価値的な対話を目指すなら

その準備として

心の字幕スーパーがどういうものであったらいいかを

考えたいと思うのです。

考えてみることが

自分の内側を整えることにつながると

考えています。

 

 

やはり向き合うところは

「自分」ですね。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ