「べつに、解決したいと思ってない」(No.1961)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりを

対話スタイルでお手伝いする

土台構築コンサルタント

佐藤慶子です。

 

 

企業様の中で

社員さんとお話するときや

個人でご契約くださっている方との

コーチングの中で

いろいろな話題が出てきます。

こんなふうに言われることがあります。

 

「これ、べつに、解決したいと思ってない!」

 

 

話をされる方のご要望を

しっかり理解しなければいけないなと

思うことがあります。

 

 

人が話したいことというのは

解決したいと思っていることがすべてではないのです。

 

 

誰かに聴いてもらいたい。

心の負担として

ちょっと大きくなっていて

抱えているのはしんどいから

ちょっとらくになりたい。

ちょっと言ってみたい。

そういう気持ち、ありますよね。

 

 

途中でさえぎられたり

否定されたりすることなく

思いのまま話せれば

それですっきりで

また前進していけることってありますね。

 

 

それをへんに聴き手が

「解決しなければいけない」

「解決に向かわせることが正しい」

と強く思いすぎて

「それは、どうなったらOKですか?」

「どんな状態を目指したいですか?」

「どうしたらいいと思いますか?」

なんて問いかけてしまうことがあります。

 

 

話し手としたら

「いや、ちょっと話しただけで・・・

だまって聴いてもらえたらそれで充分なんだけど・・・

いやいや、むしろ、ただ聴いてもらいたいんだけど・・・」

という心境になってしまうことがあります。

そんな心境のときに

あれこれ問いかけられたら

話す意欲が失せてしまいますね。

 

 

もちろん、本当は解決に向かったほうがいいこと

かもしれないし

立場的には

解決を目指す役割をお持ちの方かもしれません。

でも、ただ聴いてもらいたいという段階も

あるのだと思うのです。

十分に聴いてもらい

存分に話すというプロセスを経て

ようやく思考が「解決」に向かうということが

あると思うのです。

 

 

「ただ聴く」というプロセスを大事にしたいです。

「ただ聴く」ということで

お互いの信頼関係を強固にでき

「ただ聴く」ということで

解決に向かう準備ができるかもしれません。

 

 

そのためには

目の前で話している相手が

どんなことを望んでいるのかを

キャッチする必要がありますね。

解決をサポートしてほしいと思っているのか?

アドバイスがほしいと思っているのか?

今はただ、黙って聴いてほしいと思っているのか?

 

 

本当の気持ちをキャッチできているかどうかが

心配なときは率直に確認するのもいいですね。

「今、聴いてるだけでいい?

解決することを一緒に考えたほうがいい?」

って感じで!

 

 

【セミナーのお知らせ】

「社員の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:10月5日(木)10:00~12:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ