第三者としてできることでお役に立ちたい  (No.1485)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ

おはようございます!

愛を注ぐ企業支援を目指す

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。

 

第三者として企業様の中に入らせていただき

嬉しいと思うこと、感動することはたくさんあります。

あまり詳しくはお伝えできませんが・・・

ちょっと心があったかくなる、小さな出来事もあれば

心が大きく動き、鳥肌が立つような大きな出来事・・・

いろいろです。

 

そんな中、第三者として

お役に立てたと実感できる時があります。

例えば、社員の方から

「嬉しいお願い」をされたときです。

「○○さんに感謝しているから、そのことを伝えてほしい!」

というようなお願いごとって嬉しいですね。

ご自身で伝えることもできるのですが

やはり、照れる気持ちもありますよね。

照れが入って、うまく伝えられないのであれば

第三者の口を使って、伝えてもらうというのも

良いやり方だなと思いました。

「しっかり伝えて!」とのご要望でしたので

しっかり伝えたところ

嬉しい笑顔に出会えたことは

言うまでもありません。

 

伝えられたほうとしては

第三者からの言葉のほうが素直に受け取りやすいことも

あるかもしれませんね。

喜んでいただけると

私もお役に立てたことが嬉しくなります。

第三者を使って

普段なかなか言えない想いを伝えるというアイデア・・・

素敵ですね。

 

また、お願いされたわけじゃなくても

メッセンジャーの役割をさせていただくことがあります。

「○○さんが憧れです。社内でああいう存在になりたいです。」

「○○さんのような人と、一緒に仕事をしたいと思ったんです。」

というようなお話をお聴きしたときは

ご本人に許可をいただいて

○○さんにお伝えをさせていただいています。

○○さんのモチベーションもよりアップすると思うからです。

 

こんなふうに、想いを伝えるお手伝いは

楽しいです。

嬉しい笑顔が広がり

お互いへの想いがつながります。

 

チャンスがあれば

どんどんメッセンジャーをさせていただこうと思っています!

 

今日も元気にいってきます!

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ