社長様と社員さんのギャップを埋める (No.1395)

若手専門若手専門コーチ佐藤慶子のコーチングブログ

 

おはようございます!

富山の若手専門コーチ佐藤慶子です。

 

「自分の想いが、社員に伝わっていない・・・」

と感じる社長様も多いのではないでしょうか。

実際、私も企業様でのコーチングで

社員の皆様と対話をする中で

そう感じることがあります。

 

社長様は社員さんの人生を真剣に考えているのだけれど

社員さんにはそこまで伝わっていない。

社長様は社員さんのことを大切に想い

必要と思っているのだけれど

社員さんは自分の存在価値をとても小さいものだと思っている。

社長様は社員さんの成長を信じ、期待しているのだけれど

社員さんは、自分には役割なんてないと思っている。

というように

お互いの想いにギャップがあると感じるのです。

 

それは当たり前かもしれません。

経営者と従業員だと立場が違います。

見ているところが違うので

全く同じ見方考え方はできないかもしれません。

ギャップはあって当然かもしれません。

 

ただ、外部の人間である

コーチ、コンサルがギャップを埋めるお手伝いができる

部分があると思います。

直接は言いにくいことも人を介すことで

言いやすくなったり

第三者の言葉であれば受け取りやすいこともあると思います。

 
「社長は○○さんのことを、とても大切に想い

心配もされていますよ」

と、社長様の想いを社員さんにお伝えしたり

「○○さんは会社のことを想って、

こんなことを考えていらっしゃいます。

こんなアイデアをお持ちです。」

と、社員さんの本音を社長様にお伝えすることで

社長様の次の一手を考える

材料にしていただくことができます。

 
社長様が目指されている方向を

常に共有しながら

社長様と社員さんのギャップを埋めるお手伝いを

していきたいと思います。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ