自分を知ることに手を抜かない(No.2472)

こんにちは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

私たちは

この世の中で

自分以外の人間とともに

この人生を生きています。

 

 

うまくやれる人ばかりではなく

理解するのが難しいと感じる人

苦手だなと思う人もいる中で

生きています。

 

 

人についての悩みが

尽きることはなのかもしれません。

人を理解するということは

簡単なことではないかもしれません。

自分とは全然違う感じ方

考え方をする人もいます。

人の内側と、出てくる言葉が一致しているとは

限りません。

深く話してみないと

わからないことだらけです。

 

 

そして、それは

自分についても言えることです。

自分のことは

びっくりするぐらい、わからないものです。

 

 

自分がわかった「つもり」になっている

自分。

人から見える自分。

人が捉えている自分。

目指したい自分。

そこには

大きなギャップが存在します。

 

 

そして、自分を知るということは

とても難しいことだと感じます。

自分のクセ、ついつい出る傾向を

知ることは難しいのです。

そして、それを本当に自覚するのは

難しいのです。

自己改善は

簡単なことではありません。

 

 

一度自分を知る挑戦を始めたならば

より良くなる挑戦を始めたならば

終わりがないことを感じ、

深くて底が見えないと感じ、

より良くなっていくことは

一筋縄ではいかないと

気づかされます。

気が遠くなるほどです。

 

 

でも

今、私は

自分を知りたい。

より良くなりたい。

もっと人間を知りたいという想いが

強くなるばかりです。

求めています。

 

 

でも

自分一人ではできない。

だから仲間の力が必要です。

 

 

どんなふうに手伝ってもらうのか?

それはとてもシンプルで

泥臭いものです。

対話を通して

自分を知る

人間を知るという方法です。

仲間の話を聴く。

自分の想いを出してみる。

仲間がどう感じているかを

聴かせてもらう。

そしてまた

自分の内側を見る。

自分に問いかける。

そんな対話を繰り返し

深めることで

自分への理解

人間への理解が

進むのだと思います。

 

 

そんな対話をするチャンスがあり

人と切磋琢磨できることは

人間として生まれた醍醐味だと思います。

自分を知るということを

手を抜かずにやり続けたいです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ