自分のこと人生のことを真面目に考えてみること(No.2459)

こんにちは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ここ最近

お客様の会社の社員さんが

「目指したい人生」

「ありたい自分」

について考えるということを

サポートさせていただくことが

続いているなと感じています。

そういう時代の流れなのでしょうか・・・。

濃くて深いテーマが

ヘンタイ的に大好きな私にとっては

興奮状態続きです(笑)

 

 

組織の課題を根本から見つめ

掘り下げ

改めて直視し

打つべき手を打ち

根本的に乗り越える。

 

となったら

より大切に扱う必要があるのが

お一人お一人のことです。

 

 

大切な存在である

お一人お一人が

内側からモチベーションの炎を燃やして

まわりがどうであろうとも

自分からより良くなることに挑戦し

まわりにプラスの影響の波を

広げていく存在であったなら

どんな変化が起きてくるでしょうか?

 

 

そんな本気の人のまわりにいる人は

何を感じ

何を学び

どのように動くでしょうか?

 

 

地道であるかもしれませんが

確実に

本気の炎があちこちで点火していくように

挑戦の波が広がっていったらいいですね。

 

 

そうなるための取り組みは

難しいものではなく

決して画期的なものでもないかもしれません。

考えてみれば

「だよね」

っていうことかもしれません。

とてもシンプルです。

 

 

短期の目標

長期の目標

を立てるのと同じように

「超長期の目標」について

考えてみるのです。

一番長期と言うと・・・

描くのが可能なのは人生の最終日ですね。

 

 

とは言っても

なかなかイメージしにくいので

もう少しわかりやすく言えば

「どんな人生を生きたいのか?」

「どんな生き方ができれば幸せか?」

「どんな人間でありたいか?」

「どんなふうに挑戦し、どう成長できたら

幸せを感じられるか?」

というようなことを考えたいのです。

 

 

自分の幸せに興味がない人は

いるでしょうか?

より良くなりたくない人はいるでしょうか?

挑戦して味わう達成感を

不快に思う人はいるでしょうか?

人の役に立って

喜んでもらえることを

不快に思う人はいるでしょうか?

人間であれば嬉しいと感じること

人間であれば挑戦したくなることと

今必要な挑戦を

結び付けて考えるとき

困難な挑戦は喜びに変わるのでは

ないでしょうか?

 

 

仲間とともに

改めて

自分の人生というものを考え

自分というものを考える

若い社員さんの表情が真剣でした。

そんな宝のような社員さん

お一人お一人が

自分で自分のやる気スイッチを

押しながら

思い切り挑戦し

大活躍される姿を想像すると

涙出そうですね。

お一人お一人

なんて愛しい存在でしょうか。

なんて大切な人でしょうか。

どんな可能性を秘めているのか

誰にもわかりません。

「可能性は無限なんだ」という心の姿勢で

接する空気があれば

それだけで成長にプラスですね。

これからが楽しみです。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ