相談することが一歩前進 (No.2159)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

相談できる人がいるというのは

とても心強いことですね。

 

 

ちょっと行き詰っている。

どうしたらいいかが見えなくなっている。

そんなとき

思い切って人に相談することは

前進の一歩だと思っています。

 

 

もちろん、自分でも考えてみることは

大事なことだと思いますが

それが歩みを止めてしまうということも

あると思います。

自分なりに考えて

相談内容をまとめてから・・・

ということを思いすぎていると

時間が経ってしまいますね。

まるで

「完璧な相談」

でも目指すかのような姿勢でいると

解決が遅れてしまいます。

 

 

これは自分のことを書いています(笑)

 

 

突破口を見出したくて

コンサルを受けている先生に

相談しようと思ったのです。

でも、相談するにあたり

まずは、相談内容をまとめようと思いました。

でもまとめる前に

日程だけ決めさせていただこうと思い

ご連絡しました。

すると、相談できるチャンスが

すぐにやってきたのです。

内容をまとめる間もなく。

 

 

話しているうちに気づきました。

自分が相談しようと思っていた内容が

話しているうちに少し変化したのです。

本当に相談したいことは

話してみてわかったのです。

 

 

時間をかけて

相談内容をまとめるよりも

今頭にあることを

率直に話すほうがスピーディーだったのです。

 

 

もちろんこれは今回の私の場合であり

相談によってはケースバイケースで

しっかりまとめたほうがいい内容の相談も

あるかもしれません。

 

 

今回感じたことは

相談することで動きを加速していけるということ。

だから相談は早めにするということ。

その際、まとめてから・・・

ということにこだわり過ぎないこと。

が大事だということです。

 

 

相談すると

いつも思うのですが

否定されることなく

話もちゃんと聴かずに

アドバイスされることなく

しっかり話を聴いてから適切なアドバイスを

いただけることに感謝です。

そして、励ましの言葉をいただけることで

思い切って挑戦する気持ちになれることに

感謝です。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ