現在猶予中(No.2078)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

今日、実は書くことを決めていました。

ですが、変更して

夢の話を書くことにしました。

寝ている時に見た夢の話です。

 

 

私は普段、めったに夢というものを見ません。

見ているけど、覚えていないだけかもしれませんが。

今朝は夢の途中で

目が覚めました。

とても考えさせられる夢だったので

まだ余韻が残っています。

 

 

どんな夢かというと

自分が死ぬ夢でした。

なぜ死んだかは覚えていません。

死んだのですが、ちゃんと死んであらず

起き上がり、動くことができるという

ちょっと不思議な夢でした。

死んだのだけど

まだ猶予が与えられているという感じです。

でも、その猶予がいつまでなのかは

わからないのです。

 

 

夢の中で一度死んだ私は

家族が私の持ち物の整理に困らないように

片づけ始めます。

そして

子どもたちとの思い出を

なるべくたくさんつくろうとするのです。

 

 

家族以外で

私が死んだことを知らない人に会ったら

自分が死んだことを言わずに

会えるのはこれが最後だから

最高の接し方をしようとしていました。

ちょっとでも役立てるなら・・・と

その人の小さなお困りごとを

解決するお手伝いをしている自分がいました。

 

 

自分はもう死んでいるという自覚を持ちながら

まだ動けている状態の中

本当の死はいつなのだろう?

今、一番したいことは何か?

と考えていました。

子どもたちのことを

とてもとても愛おしく見つめている自分が

いました。

 

 

途中で目が覚めたのですが

私は生きているわけです。

でも、状況は夢の中と何ら変わりはない。

と感じました。

一度死んだわけではないですが

死ぬことは決定事項です。

そして、その日時がわからないというのも

決定事項で、変更ができません。

死ぬ日時を

自分で決めることはできないということです。

あの夢の中で体験したことは

そっくりそのまま

日常であることに気がつきました。

「今は猶予中なのだ」

という実感を持っていなかったので

夢の中のように焦っていなかったけれど

本当は、そういう状況なのだと

腑に落ちました。

 

 

何という大事な感覚を

体験させてくれた夢でしょう。

この感覚を大事に

生きていきたいです。

 

 

頭の中では

まだいろいろな考えが巡っています。

夢の中で、忘れられない

印象的なシーンがあり

いろいろ考えています。

チャンスなので

いろいろ考えたいと思います。

 

 

今、納得感を持って

自分の使命を自覚したくて

取り組んでいる私にとって

ご褒美とも言える夢でした。

 

 

 

 

【セミナーのお知らせ】

「組織の対話力を向上させ業績向上の

土台をつくるセミナー」を

開催します。

 

————————–

日時:
1月16日(火)19:00~21:00
2月6日(火)19:00~21:00
場所:サンフォルテ
料金:5,000円
定員:4名
お申込み方法:メールにて
satokeicoach@gmail.com
——————————-

今、将来のために

会社が繁栄し続ける土台をつくりたいと

思われている経営者様の

お役に立てればと思います。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ