猛スピードで流れる時間を止めるかのように(No.2293)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

「人が生きたいように生きるお手伝い」

を自分のテーマにしています。

 

 

お客様が社長であれば

「社長という仕事をしている人が

生きたいように生きるお手伝い」

ということになります。

 

 

だとしたら

お客様ご本人が

どう生きたいと思っているかを

より明確にすることをお手伝いするのが

大事になってきます。

 

 

また、現在の気がかり

お困りごとについて

どうなることが理想なのかを

より明確にすることが

大事になります。

本当はどうなったらいいのかは

ご本人でなければわかりません。

ご本人以外の他人が決めることではないので。

ご本人以外の他人が決めるなんて

おせっかい以外の何物でもありません(笑)

 

 

どんな人生を生きることを

求めていらっしゃるのか?

どんな人間でありたいと思われているのか?

仕事の面で言えば

将来的にどんな会社をつくっていかれたいか?

どんな業績を目指していかれるか?

どんな仕事をしていかれたいか?

などなど

明確にできたら

自分の想いと違う方向に進むことなく

早く理想に近づけますね。

 

 

今は理想の状態というものが

見えなかったとしても

理想を描くことが習慣になっていたら

軌道修正しながら進んでいけます

 

 

人生について

自分について

仕事について

「これでいこう!」

と、大満足の完璧な理想が

すぐに描けなくてもいいと思うのです。

大事なことなのですから

何度も考えて

文字にしてみて

考えているうちに考えが変わって・・・

ということを繰り返しながら

深まり

絞られ

明確になり

納得感も高まるものではないでしょうか?

 

 

今の自分を見つめたり

将来について考えたり

ということを

やったらいいと思いながらも

日常業務に追われる日々。

考える時間

書き出す時間というものは

かなり意識をしなければ

取りにくいかもしれませんね。

猛スピードで流れる川の水を

手でせき止めるかのように

時間を止めるかのように

意図的に立ち止まり

考える、書き出す時間を確保することで

大きな価値を生み出すことができます。

 

 

そう考えると

日常のいろいろから

体を離して

時間を確保することを

お手伝いすることで

お役に立てるのではないかと

思うのです。

 

 

そんな想いから

昨日はある試みを

実行してみました。

想いを形にして

一歩前進です。

磨いていきます。

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ