心の空気の色を変えていく方法について(No.2542)

こんにちは!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

昨日は

してほしいことをしてもらえないとき

やめてほしいことをやめてもらえないときなど

「なんで??」

と思ってしまうような時のことを

テーマに書きました。

そんなときの

自分の心の字幕スーパーに

どんなセリフが流れているかを

確認して

心の空気の色を変えようというお話でした。

なぜなら

自分の心の空気の色が

相手に伝わり

結果を左右するからです。

だから

自分の心の空気の色を自分で変えていくために

どうしたらいいかを

書いてみたいと思います。

 

 

まずは、心の空気の色ということについて

こんなイメージをしてみます。

 

 

「ちょっと、ちょっと!!

一体、何度言ったらわかるんだよ~」

というセリフが流れているとしたら

どんな色でしょう?

どんよりと曇っているときの

空の色とかでしょうか。

 

 

「まったく、ほんとにダメな人だ。

もうあきらめた。

言っても無駄だ!!」

とイライラしているようなら

淀んだ水たまりの色かな??

 

 

さあ、このような心の空気の色のときに

色を変えていきます。

例えば

こんなことを考えると

色が変化しそうな気がします。

 

 

「この人は今

どんなことを考えて挑戦しているのかな?

どんなことに悩んでいて

どう乗り越えようとしているのかな?」

こう考えると

自分の心にも変化が起きてきます。

心の字幕スーパーが

「きっとこんな挑戦をしているだろうから

応援したいな」

というセリフであれば

淀んでいた色も少しスッキリして

水色の空の色でしょうか?

 

 

また

「この人の素晴らしいところはどんなところかな?

自分にはない、真似したい部分は

どんなところだろう?」

なんて考えたら

心に肯定的な空気が流れ込んでくるような

気がします。

空気の色も少し変化して

あたたかみのあるオレンジなどでしょうか。

 

 

「この人と

もっといい関係を築いていきたいな。

本当は一緒にいろいろ新しいことに

チャレンジしてみたい。」

って、直接は恥ずかしくて

言えないかもしれないけど

心の字幕スーパーに流してみるなら

心の空気も

ピンク色でしょうか?

 

 

「言いにくいことも

言い合いながら

かつてない挑戦をしたい。

ともにいい結果を出し

涙を流して喜んでみたい!!」

そんな気持ちになってきたら

心の空気も情熱の赤でしょうか。

 

 

と、こんなふうに

自分の心の空気の色をイメージして

字幕スーパーのセリフを変えていくと

自分で変化を感じると思うのです。

 

 

そして

自分の心から相手の心へと

流れていく空気を感じて

接していきたいと思っています。

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ