受け取ることは大きな貢献(No.2294)

おはようございます!

将来にわたって業績を上げ続けるための

土台づくりとして

「必要な話ができる状態」をつくり

理想の実現をお手伝いする

土台づくりパートナー

佐藤慶子です。

 

 

ゆっくりと

ある方の人生のお話をお聴きしました。

これまでの濃い人生を

聴かせていただき

あっという間の時間でした。

いろいろなことがあり

関わる人から何かしらの影響を受けて

今があるというのは

誰しも同じなのかもしれない。

そう感じながら聴かせていただきました。

「普通」というものはない。

何が「普通」かなんて

誰にも決められないのだ

ということも

改めて感じました。

 

 

どんな人も

その時その時を

精一杯生きているのですね。

そして

人と関わることなく生きてきた人は

いないわけで

だとしたら

関わった人たちから

いろいろな影響を受けながら

生きてきて

今のその人を作っているのだと

実感しました。

 

 

自分はこういう影響を受けてきたのかもしれない。

そして今、こんな自分がいる。

というふうに

自分のことを考えてみることで

自分自身が自分を知り

受け入れることができますね。

誰のどんな部分から

どんな影響を受けた・・・

なんていうのは

過去のことだし

それが正しいかどうかは

誰にもわからないかもしれません。

でも、「~~かもしれない」

と考えてみることを通して

自分を知ることができるのだと思います。

 

 

今ある自分。

そして、自分をつくるきっかけとなった

出来事

関わってきた人達

その存在

すべてまるごと

ニュートラルに向き合えたら

次のステップにいくのではないでしょうか。

 

 

昨日は自分自身も

自分のことを人に聴いていただく機会が

ありました。

自分自身が感じている大きな課題について

なかなか進まないと感じている部分が

あったのですが

心強いフィードバックをいただきました。

「あきらめていない」

「逃げていない」

「取り組もうとしている」

と。

どれだけ励まされたかわかりません。

受け取ってもらえたということが

心からありがたかったです。

受け取ってもらうとはこういうことかと

心から実感することができました。

 

 

自分も受け取ることで

人に貢献したい。

受け取る力を高めたい。

そのためにはどうしたらいいのか?

と考えてみました。

受け取れる人になるためには

受け取ってもらった体験、実感が

必要不可欠だと思うのです。

そのためには

受け取る準備のある人に

受け取ってもらう必要があります。

受け取ってくれる人と出会うには?

そのためには

自分がまずその人の想いを受け取ることが

先なのかもしれないですね。

ぐるぐる循環するのだと思います。

となると

まずは未熟でもいい。

まずは自分が相手を受け取ることから。

そこから始まり

お互いに深くなり

お互いが受け取れる存在になっていく。

そういうことかもしれませんね。

循環しながら

螺旋状に深く掘っていくような

イメージが浮かびます。

 

 

人との関わりの中で

学ぶことばかりです。

そして、人から元気をもらって

生きています。

 

 

毎日のブログをメールでもお届けしております。

 

佐藤慶子への お問い合わせ・質問はこちらへどうぞ

 

 スポンサードリンク

関連記事

 

コメントを残す

サブコンテンツ

佐藤慶子プロフィール

佐藤慶子

土台構築コンサルタント
佐藤慶子コーチングオフィス 代表
銀座コーチングスクール認定プロフェッショナルコーチ
銀座コーチングスクール認定講師

続きはこちらから

▲ このページの先頭へ